コンテナへの移行のメリット

Migrate for Anthos は、既存の VM ベースのアプリケーションをコンテナ化して Google Kubernetes Engine(GKE)で実行するためのツールです。VMware、AWS、Azure、Compute Engine のいずれかの VM 上で実行しているアプリケーションを GKE のコンテナで実行させる場合に、Migrate for Anthos を使用します。GKE エコシステムを活用することで、Migrate for Anthos により、最新のオーケストレーションとアプリケーション管理へ迅速、簡単に移行できます。ソースコードへのアクセス、アプリケーションの書き換えや再設計を必要としません。

コンテナへの移行と Compute Engine へのリフト&シフトとの比較

Migrate for Compute Engine を使用すれば、VM ワークロードを Compute Engine の VM インスタンスに移行できます。この「リフト&シフト」方式は、クラウドへの移行に使用する最も簡単な方法を提供します。この方法は、オンプレミスでのアプリケーションの実行と管理に使用される運用モデルと同じモデルを確実に維持し、基礎となるインフラストラクチャのみを最新化します。これは特定のワークロードに適したオプションですが、クラウドに移行する多くのお客様は、クラウド ネイティブなツール、方法、マネージド サービスを活用してワークロードを最新化したいと考えています。特に、VM からコンテナに移行し、GKE でワークロードを管理したいと考えています。

Migrate for Anthos でコンテナへの移行を行うメリット

Migrate for Anthos を使用してアプリケーション・ワークロードを GKE が管理するコンテナに変換すれば、アプリケーション・ワークロードを最新化できます。ワークロードを GKE 用に最新化する主なメリットは次のとおりです。

  • 高密度コンテナはオペレーティング システムを含まないためコンピューティング リソースとメモリリソースの使用量が極めて少なく、VM より著しく軽量です。これにより、クラスタ全体のワークロードが高密度化するとともにきめ細かなリソース割り当てが可能になり、全体的なインフラストラクチャ コストが低減されます。
  • セキュリティが最適化された GKE ノードカーネル。GKE はオペレーティング システムの自動アップグレードを行うため、オペレーティング システム メンテナンスの負担が軽くなります。
  • 最新のサービスでレガシーアプリを強化。GKE を使用すると、プラットフォームのアドオン サービスを利用して、最新の機能を既存のアプリとシームレスに統合できます。たとえば、GKE の Istio を活用して、アプリケーション コードを変更せずにネットワークとセキュリティのポリシーを自動化できます。また、アプリケーションは変更せずに構成を変更することで、Cloud Logging と Cloud Monitoring によるモニタリングとロギングが利用できます。
  • 統一ポリシーと統合リソース管理。GKE を用いれば、インフラストラクチャではなくアプリケーションの管理に専念できます。強力なタグ付け戦略とセレクタ ポリシーにより、宣言型の目的状態管理機能を提供します。
  • 最新の画像ベースの管理とオーケストレーション。Migrate for Anthos には、VM ワークロードから画像を抽出して Docker 画像と関連アーティファクトを構築する独自の機能があります。これにより、アプリケーション ライフサイクルとオペレーションの管理を最新化でき、たとえば、Cloud Build のようなツールを使用して CI / CD パイプラインと統合して Day 2 メンテナンス手順を遂行できます。さらに、画像ベース管理により、GKE を使用してローリング アップデート、動的スケーリング、自己修復などを遂行できます。