ベンダーからのオファーを受け入れる

Google Cloud Marketplace ベンダーとの既存の関係がある場合、ベンダーから割引価格でソフトウェアを購入できるようにカスタマイズされたオファーを受け取ることができます。

プライベート オファーは通常、12 か月などの一定の期間であり、その間は割引価格となります。期間の終了後は、正規価格でソフトウェアを引き続き使用できます。割引価格を引き続きご利用いただくには、有効期限が切れる前にベンダーと交渉し、新しいオファーを受け取ってください。

Cloud Marketplace ベンダーからプライベート オファーを受け取ったら、Google Cloud 組織の特定のプロジェクトと請求先アカウントを使用して、オファーを承認する必要があります。Google Cloud リソースについてご不明な点がある場合は、Google Cloud のリソース階層のドキュメントをご覧ください。Google Cloud アカウントをお持ちでない、または Cloud Console を初めて使用する場合は、組織の Google Cloud カスタマー エンジニアにガイダンスを依頼することもできます。

始める前に

  • プライベート オファー用の Cloud 請求先アカウントを決定し、そのアカウントにリンクされている Google Cloud プロジェクトを検索または作成します。アカウントを決定する際は、次の要素を考慮してください。

    • 既存の Google Cloud プロジェクトを選択するか、オファー用に新しいプロジェクトを作成します。プロジェクトの詳細、またはその作成方法については、プロジェクトの作成と管理をご覧ください。

    • プロジェクトは、オファーに使用する Cloud 請求先アカウントにリンクする必要があります。プロジェクトを作成する場合は、この Cloud 請求先アカウントにプロジェクトをリンクする必要があります。オファーはこの Cloud 請求先アカウントにのみ適用されます。課金を確認する、または有効にするには、プロジェクトの課金設定の変更をご覧ください。

    Google Cloud リソースの仕組みについてご不明な点がある場合や、アカウントをお持ちでない場合は、Google Cloud カスタマー エンジニアにガイダンスを依頼することもできます。

  • Identity and Access Management(IAM)には次のロールが必要です。

    • 対象の Cloud 請求先アカウント、またはプロジェクトが配置されている Google Cloud 組織の課金管理者roles/billing.admin)。このロールがない場合は、組織管理者に連絡してアクセス権をリクエストしてください。

    • プライベート オファーを受け取るプロジェクトのプロジェクト閲覧者roles/viewer)。プロジェクト閲覧者でない場合は、プロジェクト オーナーに連絡してアクセス権をリクエストするか、新しいプロジェクトを作成して適切な権限を付与します。新しいプロジェクトを作成する場合は、課金を有効にし、目的のオファー用 Cloud 請求先アカウントにプロジェクトをリンクする必要があります。

    Google Cloud 組織、プロジェクト、課金の間の関係については、Cloud Billing アクセス制御のドキュメントをご覧ください。Google Cloud のロールと権限の詳細については、ロールについての IAM ドキュメントをご覧ください。

プライベート オファーを受け入れる

ベンダーからプライベート オファーが送信されると、オファーのリンクが送信されます。このリンクをクリックすると、次の例のようなカスタム オファーのページが Cloud Console で開きます。

カスタム オファーの例

プライベート オファーを確認して受け取る手順は次のとおりです。

  1. ベンダーから送信されたリンクをクリックします。

  2. ページ上部の [選択] メニューをクリックします。表示される [選択] ウィンドウで、オファーを割り当てるプロジェクトを選択します。

  3. 割引率やオファーの期間など、オファーの詳細を確認します。

  4. オファーの [お支払い] セクションで、プロダクトを購入できることを確認してから、[登録] をクリックします。Cloud 請求先アカウントは、プロジェクト用に選択したアカウントです。請求の詳細を確認した後、[登録] をクリックします。

  5. プロダクトの Cloud Marketplace ページを表示するには、[プロダクトの詳細を表示] をクリックします。

  6. ソリューションのタイプによっては、ベンダーのサイトでの登録が必要な場合があります。

補足資料