Google is committed to advancing racial equity for Black communities. See how.

既存ユーザー用ガイド

Google のプロダクトと料金の変更について詳しくは、以下の内容と重要な更新情報をご確認ください。

API キーをお持ちでない場合は、新しいアカウントを作成してください。

Google Maps Platform のリリースに伴い、Google のプロダクト、料金、サポートも変わりました。柔軟性と透明性を向上させることにより、よりきめ細かく対応できるようになりました。このガイドでは、これらの変更によるお客様への影響と、推奨される対応について説明いたします。 Google のブログで追加情報もご確認いただけます。

2018 年 6 月 11 日より、クレジット カードへの請求の有効化が必要になりました。また、すべてのプロジェクトについて有効な API キーが必要になります。これによりダウンタイムを短縮し、パフォーマンスに関する問題の発生を抑えながら、業務を拡大することが可能になります。また同時に、18 個に分かれていた API が、マップ、ルート、プレイスの 3 つのプロダクトにまとめられました。

また、2016 年 6 月にキーなしの使用(API キーやクライアント ID のないリクエスト)のサポートを停止することを発表しておりましたが、これは 2018 年 6 月 11 日に施行され、キーなしのアクセスはサポート対象外となりました。これにより、Maps JavaScript API および Street View Static API へのキーなしの呼び出しを行うと、「for development purposes only」というウォーターマーク付きの低解像度の地図が表示されるようになります。次の API へのキーなしの呼び出しを行うと、エラーが返されます: Maps Static API、Street View Static API、Directions API、Distance Matrix API、Geocoding API、Geolocation API、Places API、Roads API、Time Zone API。

サービスを引き続きご利用いただくためには、「使ってみる」ページにアクセスして、請求先アカウントを有効化して API キーを生成してください。API キーを生成してセキュリティで保護した後、新しい API キーを使用してアプリケーションを更新するようにしてください。

次のリソースもご確認いただきますようお願いいたします。

Google Maps Platform の有効化

API を有効にする(お支払い情報を設定する)手順は次のとおりです。

  1. 以下のプロダクトからご希望のものを選択する
  2. プロジェクトを選択する
  3. 請求先情報を設定する

情報をカスタマイズすることで、利便性の高い地図をユーザーに提供できます。

特定の場所から目的地への最適なルートをユーザーに提供します。

世界中の場所の情報を詳しく知ることができます。

続行