メニュー

道を知りつくす

Google マップとライドシェアリング アプリを連携して、最適なルートをリアルタイムで確認します。

8 億

1 日に提示するルートの数
Google のインフラストラクチャが優れたスケーラビリティをお約束します。

4,000 万

カバーしている道路の全長(マイル)
世界中どこにいても、信頼できるナビゲーション情報を利用できます。

2,500 万

毎日の更新件数
リアルタイムの正確な位置情報を利用できます。
A 地点から Z 地点まで、より速く、より安全に移動できるよう運転手を支援
Google マップ搭載のターンバイターン ナビゲーションをアプリに統合することで、運転手にシームレスなエクスペリエンスを提供します。アプリを切り替える必要がなく、乗車待ち人数や乗客に関するすべての情報を 1 か所で確認できるため、送迎やルートを効率的に管理できます。わかりやすいターンバイターン方式ナビ、ルート全体の表示、車線変更案内、音声ガイドなど、使い慣れた Google マップの機能を利用できます。さらに、リアルタイムの道路状況に基づいて最適なルートが示されるため、最小限の移動時間で、より多くの利用者に対応できます。
正確な最新情報でユーザーの利便性を向上
リアルタイムの交通状況に基づく正確な待ち時間とルートが示されるため、ユーザーの利便性が大幅に向上します。道路が渋滞しているときは待ち時間が自動的に更新され、新しい待ち時間がユーザーに通知されます。
運転手とリアルタイムで連絡を取り合い、業務効率をアップ
目的地までのルートをマップで確認しながら、自社アプリを利用できるため、運転手にアラートや通知を送信したり、臨時の送迎を追加したりできます。運転手のナビゲーション状況も詳細に把握できます。豊富なデータをもとにリソースやルートをきめ細かく最適化することで、運転手の空き時間が減らし、ユーザーの待ち時間を短縮し、ビジネス全体の効率を向上させます。
世界中のあらゆる場所で、優れたエクスペリエンスを提供
Google マップは世界中の都市や地域を網羅。ライドシェアリング サービスをオーストラリアへ拡張する場合でも、インドでバイク便を始める場合でも、詳細で質の高いデータを利用できます。200 を超える国や地域の 4,000 万マイルの道路に対応するルートで、使い慣れた Google マップ エクスペリエンスを運転手やユーザーに提供できます。

Google Maps Platform をライドシェアリングに使う理由

Google Maps Platform が、ライドシェアリング サービスによるユーザーや運転手のエクスペリエンスの向上にどのように役立つのかを説明します。

Google マップと自社アプリの統合

Google Maps Platform の有効化

API を有効にする(お支払い情報を設定する)手順は次のとおりです。

  1. 以下のサービスを選択する
  2. プロジェクトを選択する
  3. 請求先情報を設定する

情報をカスタマイズすることで、利便性の高い地図をユーザーに提供できます。

A 地点から Z 地点までの最適なルートをユーザーに表示します。

世界中の場所の情報を詳しく知ることができます。

現在、ログインしています。
[続行] をクリックして、プロジェクトを選択します。
続行 続行 続行 続行 続行 続行 続行