メニュー

お客様のニーズに合わせた柔軟な料金設定

さらに、マップ、ルート、プレイスを毎月 $200 分まで無料でご利用いただけます。
1 か月 $200 分まで無料
ほとんどのユーザーにとって、月額 $200 のクレジットでニーズを十分満たすことができます。予想外の料金の増加を防止するために、毎日の割り当てを設定することもできます。
支払いは従量制
料金は、契約金や解約金、または使用量上限なしで、お客様のニーズに合わせて調整できます。また、モバイルマップを無料で使用できます。
お困りの場合
いつでも Google のサポートをご利用ください。さらに、Stack Overflow で他の開発者に質問をしたり、Maps API Public Issue Tracker から問題を報告したりできます。エキスパートのサポートを最大 24 時間年中無休で受けることができるサポート プログラムも用意されています。

大企業のお客様向け料金

ボリューム料金や業界固有のソリューションをお探しの大企業やスタートアップのお客様向けに以下をご用意しています。

マップ、ルート、プレイスの各プロダクトを無料で使用する

よくある質問

料金はどのように変更されたのでしょうか?

2018 年 7 月 16 日に、マップ、ルート、プレイスに対して従量課金制の新しい料金プランが適用されました。この新しいプランでは毎月使用した分のみが課金されるため、Google Maps Platform API を必要に応じて柔軟に利用できます。また、マップ、ルート、プレイスの各プロダクトの料金が変更されました。詳しくは、Google Maps Platform の課金をご確認ください。料金計算ツールで毎月の請求額を見積もることもできます。

現在、プレミアム プランを利用しています。何か対処する必要がありますか?

2018 年 11 月 1 日から、プレミアム プランのお客様は、現在のプレミアム プランの契約が期限切れになり次第、新しい Google Maps Platform の従量課金プランに移行できるようになりました。Google Maps Platform への移行の対象となるのは、終了日が 2018 年 11 月 1 日以降の契約のみです。その日より前に期限切れになる契約は、プレミアム プランで更新する必要があります。詳細については、Maps Platform 移行ガイドをご覧ください。

引き続き Google Maps Platform を無料で使用できますか?

はい。課金を有効にすると、マップ、ルート、プレイスに対して毎月 $200 分を無料で使用できます。現在、Google Maps Platform の API を使用している何百万ものユーザーの大部分が、このクレジットで Google Maps Platform を無料で使い続けています。

月額 $200 の無料クレジットで利用できるプロダクトを教えてください。

マップ、ルート、プレイスです。ゲーム、ライドシェアリング、アセット トラッキングの業界ソリューションでは、このクレジットをお使いいただけません。

月額 $200 の無料クレジットを超過した場合、料金はどうなりますか?

使用した分のみが請求されます。レートと請求額はいつでも Google Cloud Platform Console でご確認いただけます。予期しない使用量の増加に備えて、1 日あたりの割り当てを設定することもできます。請求額が事前に設定したしきい値に達すると通知メールが届くようにすることも可能です。

その他に無料で使用できる API や SDK はありますか?

はい。1 か月 $200 分の無料クレジットに加え、すべてのお客様が以下のプロダクトを無料で使用できます。

  • Maps Embed でマップの使用が無料(マップの表示のみ)
  • Maps URL が無料
購入する前に Google Maps Platform を試すことはできますか?

はい。各プロダクト(マップ、ルート、プレイス)の速度、精度、対応範囲の広さを実際にお試しください。毎月 $200 分までは無料でご利用いただけます。

クレジット カードまたは請求先アカウントが必要ですか?

はい。毎月、最初の $200 分は無料となりますが、これを超過した場合にその分のお支払い方法としてクレジット カードまたは請求先アカウントを登録していただく必要があります。毎月、無料クレジット分の $200 を差し引いた額が請求されます。1 か月の使用量が $200 分を上回ると予想され、請求先アカウントの設定に必要なクレジット カードまたはデビットカードをお持ちでない場合は、地域の Google マップ パートナーまでお問い合わせください。

エンタープライズ アカウントが必要になるのはどのような場合ですか?

使用量が多く、ボリューム ディスカウント、高度なカスタマー サポート、オフライン契約をご希望のお客様は、エンタープライズ アカウントの設定方法をお問い合わせください。

マップ プロダクトの料金構成を教えてください。

マップについては、読み込み 1 回あたりの料金が設定されています。この料金は、読み込み対象が静的な地図、動的な地図、静的なストリートビュー、動的なストリートビューのいずれであるかによって異なります。表示された地図に対するパン、ズームイン、ズームアウト、レイヤ変更などのユーザー操作には、追加料金はかかりません。

現在、Google から補助を受けている非営利団体やその他の組織は、引き続き Google Maps Platform の資金援助を受けることができますか?

可能です。非営利団体、スタートアップ、クライシス レスポンス、報道機関をサポートする Google パブリック プログラムの対象範囲が拡大され、Google Maps Platform も含まれるようになりました。現在 Google Maps Platform から支援を受けている既存の Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムのユーザーは、Google Maps Platform クレジットに移行されます。

Google Maps Platform クレジットの申し込み方法については、こちらをご覧ください。

Google Cloud Platform(GCP)のクレジットを Google Maps Platform に適用できますか?

GCP のお客様は、$300 の新規アカウント クレジットを Google Maps Platform に適用できます。GCP のその他のクレジットについては、そのクレジットがすべての GCP プロダクトに適用できるか、特定の GCP プロダクトにのみ適用できるかに応じて、Google Maps Platform に適用できる場合とできない場合があります。Google Cloud Platform Console のお支払いページで、各クレジットの適用できる範囲をご確認ください。

Google Maps Platform の有効化

API を有効にする(お支払い情報を設定する)手順は次のとおりです。

  1. 以下のプロダクトからご希望のものを選択する
  2. プロジェクトを選択する
  3. 請求先情報を設定する

情報をカスタマイズすることで、利便性の高い地図をユーザーに提供できます。

特定の場所から目的地への最適なルートをユーザーに提供します。

世界中の場所の情報を詳しく知ることができます。

続行 続行 続行 続行 続行 続行 続行