ジャンプ先

Prometheus 向けのマネージド サービス

Google Cloud で使用されているのと同じグローバルにスケーラブルなデータストア上に構築された、フルマネージドで使いやすいモニタリング サービス。

利点

インフラストラクチャを管理せずに Prometheus を使用する

フルマネージドの Prometheus® 対応のモニタリング スタックで、デフォルトで 2 年間保持され、リージョン化されたデータに対してグローバル クエリが行われます。連携やリソースの追加を手動で行う必要がなく、メンテナンスに時間を費やす必要もありません。

デフォルトで 2 年間の指標の保持を含む

独自の Prometheus 対応の情報集約サイトを実行する場合、拡大し続けるストレージ フットプリントをシャーディングするのは手間がかかります。お客様がこの問題を軽減できるように、すべての指標は追加料金なしで 2 年間保存されます。

オープンソース ツールを維持し、ベンダー ロックインを回避する

Gramana® などのお好みのオープンソース ツールを引き続き使用できるように、PromQL との互換性を維持しています。prometheus-operator や annotation などのオープンソース メソッドを使って、デプロイとスクレイピングを構成してください。

主な機能

主な機能

Google のインメモリ時系列データベース、Monarch によるサポート

Prometheus 向けのマネージド サービスは、Google が使用している独自のサービスと同じテクノロジーを使用します。つまり、最も大規模な Prometheus のデプロイもグローバル規模でモニタリングできます。これは、Google Cloud のモニタリング サービスを強化するバックエンドと同じであるため、Cloud Monitoring で両方のサービスの指標をまとめてクエリ、可視化、分析できます。

Prometheus 向けのマネージド サービスで Cloud Monitoring を使用する

インフラストラクチャとアプリケーション全体の Prometheus 指標と Google Cloud システム指標を 1 つの画面でまとめて表示できます。Prometheus 向けのマネージド サービスは、Cloud Monitoring と同じテクノロジーとバックエンド上に構築されているため、そのサービス内で利用できるダッシュボード、アラート、SLO モニタリングで Prometheus の指標を使用できます。Prometheus の指標を GKE の指標やロードバランサの指標などと並べてグラフ化できます。

マネージドまたはセルフデプロイのコレクタ

Prometheus 向けのマネージド サービスはマネージド コレクタを提供しており、デプロイ、スケーリング、シャーディング、構成、メンテナンスが自動的に行われます。スクレイピングとルールは、軽量のカスタム リソース(CR)を介して構成されます。Prometheus 演算子からの移行は簡単で、マネージド コレクションはほとんどのユースケースに対応しています。マネージド コレクタが現時点でユースケースに対応していない場合は、既存のコレクタのデプロイ方法と構成を維持することもできます。オンボーディングは、既存のデプロイ構成をコピーしてコンテナ イメージを変更するだけで簡単に行えます。また、既存の Prometheus スタックを Prometheus 向けのマネージド サービスとともに実行し続けることができます。

すべての機能を表示

導入事例

顧客たちはデベロッパーの時間を解放し、オープンソース ツールも維持しています

Horizon Blockchain Games ロゴ

「当社は GKE 指標のために自社だけで Prometheus を運用してきましたが、継続的なメンテナンスによって非常に多くの開発時間が奪われていました。そこで Prometheus 向けのマネージド サービスの使用を開始したところ、うまく機能しています。これは Google が使用しているものと同じバックエンド上に構築されているため、どれだけのボリュームにも対応できます。また、オープンな標準とプロトコルを確保しながらも、以前と同じ Grafana ダッシュボードを使い続けることができています。」

Horizon Blockchain Games 社 CEO 兼チーフ アーキテクト Peter Keltyka 氏

ドキュメント

ドキュメント

クイックスタート
ドキュメントの概要

Managed Service for Prometheus の使用を開始する。

チュートリアル
Prometheus 向けのマネージド サービス用データ収集の設定

このサービスでは、マネージド コレクタとセルフデプロイ コレクタの両方を提供しています。各オプションの設定の詳しい手順をご確認ください。

チュートリアル
Prometheus 向けのマネージド サービスからデータをクエリする

Prometheus HTTP API、Prometheus UI、Grafana、Google Cloud Console のサービスページ、Cloud Monitoring を使用して、サービスに送信されたデータをクエリします。

チュートリアル
ルール評価と指標フィルタリング

ルール評価や指標フィルタリングなど、Prometheus が提供する機能の使用方法を学びます。

ユースケース

ユースケース

ユースケース
アプリケーションに関する問題をすばやく診断する

PromQL を使用してアラートを定義し、アラートがトリガーされたときに問題を診断します。Prometheus 向けのマネージド サービスでは、可視化ツールやアラートを変更する必要はありません。そのため、既存のインシデント作成や調査のワークフローは引き続き機能します。  

ユースケース
低コストで動的な環境をモニタリング

Prometheus 向けのマネージド サービスはサンプル単位で課金されます。新しいコンテナの起動時にカーディナリティを事前に請求することはありません。サンプル単位の料金設定では、コンテナが有効な間のみ料金が発生します。そのため、水平 Pod 自動スケーリングを使用してもペナルティは発生しません。Prometheus 向けのマネージド サービスには、カスタマイズ可能なサンプリング期間やフィルタ、データをローカルに保持してデータストアに送信しない機能など、他のコスト管理機能が用意されています。

すべての機能

すべての機能

スタンドアロンのグローバル ルール評価者 Prometheus 向けのマネージド サービスで、グローバル データに対する既存の録音ルールとアラートルールを引き続き評価できます。結果は収集されたデータと同様に保存されるため、集計データを単一の Prometheus サーバーに配置する必要はありません。
動的マルチプロジェクト モニタリング 指標スコープは Cloud Monitoring の読み取り専用構成で、単一の Grafana データソースを使用したマルチプロジェクト モニタリングが可能です。各指標スコープは Grafana で個別のデータソースとして表示され、サービス アカウントごとに読み取り権限を割り当てることができます。
マネージド コレクタ マネージド コレクタは自動的にデプロイ、スケーリング、シャーディング、構成、保守が行われます。スクレイピングとルールは、軽量のカスタム リソース(CR)を介して構成されます。
セルフデプロイ コレクタ 通常の Prometheus バイナリを Prometheus 向けのマネージド サービスのコレクタバイナリに交換するだけで、任意のデプロイ メカニズムを使用できます。スクレイピングは任意の標準的な方法で構成し、手動でスケーリングとシャーディングを行います。既存の構成を再利用し、通常の Prometheus と Prometheus 向けのマネージド サービスの両方を並行して実行します。
GKE と Kubernetes 以外のモニタリングのサポート マネージド コレクタは GKE 以外の環境でも使用でき、設定に関するガイダンスが用意されています。Kubernetes 以外のターゲット(VM など)からデータを収集するように Prometheus 自体を構成できるため、セルフデプロイ コレクタを構成して VM からデータを収集することもできます。
Google のインメモリ時系列データベース、Monarch によるサポート このサービスは、独自のサービスをモニタリングする際に Google が使用するテクノロジーと同じテクノロジーを使用しています。つまり、大規模な Prometheus デプロイもグローバル規模でモニタリングできます。
コスト管理メカニズム エクスポートした指標のフィルタ、まばらなヒストグラムの料金割引、サンプリング期間が長い場合に料金を下げる料金体系、事前に集計されたデータをローカルにのみ送信する機能を提供して、費用の管理を支援します。
コストの特定とアトリビューション Cloud Monitoring を使用して、Prometheus の取り込みボリュームを指標名と名前空間別に分類します。最もコストがかかっている指標とそれらを送信している名前空間をすばやく特定できます。

料金

料金

Google Cloud Managed Service for Prometheus では、外部で作成された指標データに Cloud Monitoring ストレージが使用され、Monitoring API を使用してそのデータが取得されます。

機能 料金 毎月の無料割り当て量 発効日
Google Cloud Managed Service for Prometheus の指標

$0.20/100 万サンプル : 最初の 0 ~ 500 億サンプル

$0.16/100 万サンプル: 次の 500 ~ 2,500 億サンプル

$0.12/100 万サンプル: 2,500 億を超えるサンプル

該当なし 2021 年 12 月 1 日
Monitoring の API 呼び出し

読み出し API 呼び出し 1,000 回ごとに $0.01

(書き込み API 呼び出しは無料)

請求先アカウントごとの最初の 100 万回の読み取り API 呼び出し 2018 年 7 月 1 日

  Prometheus 向けのマネージド サービス では、Prometheus の表記法に沿ったバイト数ではなく、取り込まれたサンプル数に基づいて計測されます。計算例については、取り込まれたサンプル数に基づく料金の例をご覧ください。