クイックスタート: ドメインの作成

このトピックでは、マネージド Active Directory 用のマネージド サービスを使用してドメインを作成する方法を示します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. マネージド Microsoft AD、Cloud DNS、Compute Engine API を有効にします。

    API を有効にする

  5. 新しい Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークを作成して、ドメインをデプロイするか、既存のドメインを使用します。レガシー ネットワークはサポートされていません。VPC ネットワークの名前をメモします。ドメイン作成プロセスに必要です。

情報を収集する

ドメインを作成するには、次の情報が必要です。

ドメインを作成する

前提条件を満たし、ドメイン情報を収集したら、ドメインを作成できます。

Console

  1. Cloud Console の [マネージド Microsoft AD] ページに移動します。
    [マネージド Microsoft AD] ページに移動

  2. [新しい AD ドメインを作成] を選択します。

  3. [新しいドメインの作成] ページで、収集した情報を入力します。

    • ドメインの完全修飾ドメイン名(FQDN)を入力します。
    • [ネットワークの詳細] で、リストから VPC ネットワーク名を選択します。[OK] を選択します。
    • ドメイン コントローラーの CIDR 範囲を入力します。
    • [リージョン] で、リストからドメイン コントローラーをデプロイするリージョンを選択します。
    • [代理管理者] で、管理者名を入力するか、デフォルトの setupadmin を使用できます。
  4. [ドメインを作成] を選択します。

ドメインの作成には最大 60 分かかります。作成が完了すると、Cloud Console に通知が届きます。

gcloud

次の gcloud ツールコマンドを実行します。プレースホルダ変数を収集した情報に置き換えます。

gcloud active-directory domains create fully-qualified-domain-name \
--reserved-ip-range=cidr-range --region=region \
--authorized-networks=vpc-network-name

ドメインの作成が開始されたことを知らせる応答が届きます。

Create request issued for: fully-qualified-domain-name
Waiting for operation-1554140234884-5857b78a1a49e-02bc63a3-77e5c7ee to complete...

ドメインの作成には最大 60 分かかります。ドメインの作成が完了すると、gcloud のオペレーション ステータスが更新されます。

これで、Microsoft Active Directory のマネージド サービスを使用してドメインを作成できました。このプロセスを繰り返して、この同じプロジェクトで複数の独立したドメインを作成できます。

次のステップ