4 月 6 日に開催される Google Data Cloud Summit で、分析、AI、ビジネス インテリジェンス、データベースにおける最新のイノベーションをご覧ください。

Looker

最新のビジネス インテリジェンス、組み込み型分析、データ アプリケーション プラットフォーム

  • 信頼できる最新のデータにアクセスし、分析と対応を行う

  • データ エクスペリエンスを構築してユーザーに権限を与え、データチームへの依存を最大 99% 削減する

  • より多くのユーザーにより多くの分析情報を提供することで、生産性、意思決定、イノベーションを改善する

  • 組み込み型分析により、成長を加速し、売り上げ額を 26% 増加し、解約を 7% 削減できる

  • 選択したクラウドから信頼できるデータ エクスペリエンスを大規模に提供する

利点

意思決定の向上

分析と可視化をして、信頼できる最新の分析情報に基づいて行動する最新のインデータベース アーキテクチャとリアルタイムで適用される指標を提供する強力なセマンティック レイヤを使用すると、より多くの情報に基づいて意思決定を行うことができます。

BI を超えるデータの豊富なエクスペリエンスを構築する

API ファーストのプラットフォームを活用して、統合された分析情報、データ駆動型ワークフロー、カスタム アプリケーションにより管理されたデータを組織全体に提供します。  

データ駆動型のワークフローでビジネスを加速する

繰り返し実行されるタスクを前もって簡素化して自動化するデータ駆動型のワークフローにより、ビジネス プロセスを最適化して効率を高めることができます。

主な機能

Looker プラットフォームの機能

LookML: Looker のモデリング言語

Looker のシークレット ソースは、強力な SQL ベースのモデリング言語である LookML です。アナリストは、LookML を使用して、ビジネスルールと定義を 1 つの Git、バージョン管理されたデータモデルで一元的に定義および管理できます。LookML は、モデル内の情報を使用して、ユーザーに代わって効率的な SQL クエリを作成します。このモデルにより、障壁となりえる技術的スキルの必要性がなくなり、データチームがイノベーションに専念できるようになります。

組み込み型分析

Looker の組み込み型分析プラットフォームを使用すると、データ アナリスト、プロダクト マネージャー、デベロッパーは、カスタム アプリケーションを迅速に作成して、既存のアプリケーション、ウェブサイト、ポータルに分析を組み込むことができます。分析機能を組み込むことで、ワークフロー内でユーザーが必要とする分析情報(パートナーやお客様にはブランドものの外部顔認証データ検出環境など)を提供できます。

データの可視化、ダッシュボード、コンポーネント

Looker のインタラクティブで動的なダッシュボードとコンポーネントを使用すると、信頼できる統合データモデルによって管理されるリアルタイムのデータ エクスペリエンスを実現できます。ユーザーは、可視化用のライブラリから選択したり、独自のストーリーを作成して独自のストーリーを伝えたりできます。また、フィルタの設定、アラートの設定による変化や不規則性の報告、データのドリルダウンや詳細な質問、柔軟な分析情報の統合を柔軟に行うことができます。

Looker API

Looker API は、Looker プラットフォームのカスタマイズやデータ呼び出しを行うための安全な「RESTful」アプリケーション プログラミング インターフェースを提供します。Looker API を使用すると、カスタム アプリケーションやデータ駆動型ワークフローを作成できます。また、新しい Looker アカウントのプロビジョニング、クエリの実行、レポートのスケジュール設定、他のシステムやアプリケーションに関する信頼できる分析情報の組み込み、などのタスクを自動化するスクリプトを記述することもできます。

すべての機能を表示

最新情報

Looker に関する最新のレポート、ニュース、ブログ、動画、イベント情報をご覧いただけます。

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、サービスの最新情報、今後のイベント、スペシャル オファーなどについてお知らせします。

ドキュメント

Looker の詳細に関するリソース

Google Cloud の基礎
Looker の概要

Looker へのログイン方法、プロフィールのカスタマイズ方法、Looker の機能の使用方法がわかれば、取扱説明ビデオとクイック スタートページを使用して組織に付加価値を与えることができます。

Google Cloud の基礎
コンテンツの検索と整理: 60 秒の概要

組織で利用可能なレポートとダッシュボードを見つける方法、フォルダやボードを使用してそれらを整理する方法、未使用のコンテンツを削除する方法をご覧ください。

Google Cloud の基礎
コンテンツの送信と共有: 60 秒の概要

必要に応じてまたは予定した時間に、ユーザーやアプリケーションと、データやダッシュボードを共有し、インポート、組み込みをする方法をご覧ください。また、アラートの設定方法をご覧ください。

Google Cloud の基礎
Looker でデータを調べる

クエリの作成方法やクイック スタート分析を実行して結果を表示する方法、フィルタやその他のオプションを追加および変更して分析情報を絞り込む方法をご覧ください。

Google Cloud の基礎
ダッシュボードの作成とカスタマイズ

ダッシュボードを作成、変更する方法をご確認ください。詳細な手順では、タイル、テキスト、データ アクション、フィルタを追加する方法と、ダッシュボードのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。

Google Cloud の基礎
開発を始める前に、以下の基本概念を学習する

LookML を使用してプロジェクトを作成および編集する方法、データベースにアクセスする SQL ランナー、バージョン管理用の Git を確認して、データ、時間、ツールを最大限に活用してください。

Google Cloud の基礎
LookML でコードを記述してカスタム エクスペリエンスを作成する

プロジェクトを作成するために使用する LookML のパラメータと手順など、LookML の高度な機能と開発戦略の基本を学びます。

Google Cloud の基礎
Looker でアプリ、ワークフロー、組み込み型分析機能を構築する

Looker の API と拡張フレームワークを使ってアプリや自動ワークフローを作成する方法、Looker の可視化をサイトやアプリに組み込む方法についてご紹介します。

Google Cloud の基礎
Looker プラットフォームの設定と管理

Looker のホスト型またはセルフマネージド型のインスタンスのインストール方法、データベースの接続方法、管理者に役立つその他の Looker 機能の使用方法について学習します。

ユースケース

ビジネス ユーザー、データ アナリスト、デベロッパーがデータでイノベーションを実現できるようにする

ユースケース
最新の BI で意思決定と効率を改善する

最新のビジネス インテリジェンスにより、データを使用して意思決定を強化し、効率性を高め、カスタマー エクスペリエンスを改善することで、データの価値の向上を実現します。 アクセス制御を維持するとともに、技術に詳しくないスタッフにセルフサービスのリアルタイム分析情報を提供します。サイロ化した分析から解放され、代わりにダッシュボードと BI のモダナイゼーション戦略に沿った可視化により、管理されたデータの包括的な分析情報をユーザーに提供します。

Looker の最新のアーキテクチャ
ユースケース
組み込み型の分析機能によるデータ プロダクトの構築

アプリやサイトに分析機能を組み込むことで、最新のデータ エクスペリエンスをより迅速に提供し、新たな収益源を生み出すことができます。ユーザーが必要とする情報を、必要なときに、必要な場所で提供します。ゼロから構築するのではなく、既存のデータ ウェアハウス、データ パイプライン、Looker による分析、1 つのデータモデルを使用することで、価値創出までの時間を短縮します。Git のバージョン管理を使用してコラボレーションを合理化し、時間を節約します。

Looker 組み込み型分析の可視化
ユースケース
マルチクラウド戦略によるアジリティの向上

希望するクラウドとデータベースでアプリやワークロードを実行して、アジリティの向上と ROI の最大化を実現できます。Looker を使用すると、場所を問わず、データからの分析情報の作成やプロセスの自動化が可能になります。 Google Cloud やオンプレミス システムから、BigQueryその他のデータベースに保存されているデータを使用して、データ エクスペリエンスを強化します。クラウドの使用状況と費用を測定して、柔軟なマルチクラウド戦略を策定します。

ユースケース
アプリと革新的なデータ エクスペリエンスを迅速に構築

データ中心アプリの市場投入までの時間を短縮して、管理されたデータを使用して成長を促進し、新たな収益源を生み出します。手間のかかる作業を効率化して処理まで行う Looker API と SDKBlocksActions、とその拡張機能を利用して、優れたユーザー エクスペリエンスを構築することに注力し続けます。認証とホスティングを管理するために Looker を利用します。データは所在するところで収益化します。Looker の可視化とダッシュボードをプロダクトとワークフローに組み込みます。

ユースケース
事前構築済みデータ テンプレートを使用してユースケースを促進する

Looker Blocks を使用すると、チームは Looker ダッシュボードとデータ探索を簡単に開始して運用することができます。Looker は、お客様、パートナー、Google のエキスパートと協力して、さまざまなデータソース、ユースケース、分析のニーズを評価するまでの時間を短縮する Blocks を構築しています。Google アナリティクス 360 と Salesforce には、一般公開されている気象データや国勢調査データ、Contact Center AI、クロスクラウド課金に至るまで、さまざまな Looker Block が用意されています。

ユースケース
分析情報の統合によりワークフローを簡素化

Looker Actions のすぐに使用できる統合機能により、手動ステップを最小限に抑えて運用ワークフローを自動化できます。また、独自の カスタム アクションを構築することもできます。ユーザーがアプリケーションを切り替えることなく Looker から直接データを操作できるため、必要なときに必要な場所でデータからすばやく実用的な価値を生み出せます。管理されたデータを他のシステムに送信し、Looker の統合と分析情報によってワークフローをトリガーしてタスクを自動化することで、業務を効率化します。

すべての機能

Looker Blocks とその他の Looker 機能の詳細を見る

Looker Blocks と Actions Looker BlockActions は、アナリティクス、分析情報、ワークフロー、アプリの開発を加速するビルド済みのコードです。Looker Blocks には、最適化された SQL パターン、データソース接続、事前にモデル化された外部データ、カスタマイズされた分析、インタラクティブな可視化、組み込み機能などが含まれています。アクションによって、Slack や Marketo などのサードパーティ製ツールから Looker に機能を追加できます。
Looker 拡張機能フレームワーク Looker 拡張機能フレームワークは、完全にホストされた開発プラットフォームです。このプラットフォームを使用すると、デベロッパーは、データ活用アプリケーション、ワークフロー、ツールを Looker 内で構築できるようになり、インフラストラクチャを起動したりホストしたりする必要がなくなります。この拡張機能フレームワークを使用すると、デベロッパーが認証、アクセス制御、API アクセスなどのウェブ アプリケーションを構築する際に、いくつかの手順を行うことで時間を節約できます。
Looker アラート Looker のアラートは、特定のデータを特定の頻度で自動的にチェックできる構成可能なアクションです。データが管理者や承認済みユーザーによって指定された条件(特定の値、変化率、時間値など)を満たしている場合、Looker はメールまたは Slack 通知によりアラートを指定した人に自動的に送信できます。  
Looker のセキュリティ Looker のセキュリティは、GDPR、HIPAA、SOC 2 Type 2 の遵守に役立つ認証、アクセス制御、データ ガバナンス機能を提供します。AES 256 ビット暗号化は、データベース接続の認証情報と、保存時に保存されるキャッシュ データを保護します。TLS 1.2 により、ユーザーのブラウザと Looker 間のネットワーク トラフィックを暗号化できます。管理者は、データベース、行、列へのデータアクセスを制御できます。
Looker コンポーネント コンポーネント は、デベロッパーが感覚的に操作できて使いやすいアプリケーションや拡張機能を作成するために使用できる Looker のユーザー インターフェース コードです。フィルタ コンポーネントを使用すると、アプリケーションや組み込み型ダッシュボードに Looker フィルタ コントロール(スライダー、タグリスト、ラジオボタンなど)を組み込むことができます。 コンポーネントによって、アプリケーションのメンテナンスとオーバーヘッドの削減、開発の簡素化、データ エクスペリエンスの強化が可能になります。
Looker モバイルアプリ iOS と Android 向けの Looker のネイティブのモバイル アプリを使用すると、コンテンツのユーザーは外出先でも 22 の対応言語のいずれかでデータにアクセスできます。コンテンツを他のユーザーと共有したり、パソコンとモバイル デバイスの両方でメールやチャットを表示したりできます。ログイン オプションには、セキュリティの強化に役立つ QR コードによるアクセスや生体認証などがあります。 
永続的な派生テーブル(PDT)と増分 PDT 標準の PDT とは、Looker がデータベースのスクラッチ スキーマに書き込むテーブルで、可能な限り小さなデータセットに対してインテリジェントにクエリを実行できます。これにより、データベースの負荷が軽減され、クエリのパフォーマンスが向上します。 増分 PDT は大規模なデータセットに役立ちます。これにより、データチームはテーブルの再ビルドを行わずに、PDT に新しいデータを追加できます。PDT は Looker の集約テーブルの自動認識の基盤です。 
Looker マルチクラウド サポート Looker のマルチクラウド サポートでデータ エクスペリエンスを促進します。Looker は、Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform でネイティブに実行できます。オンプレミス システム、Azure、AWS、Google Cloud Platform などのクラウド内のデータに Looker を接続します。また、Looker では、60 を超える個別のデータベース言語と 60 を超える SQL 言語がサポートされています。

料金

ビジネスに適した料金

Looker プラットフォームを使用すると、単なる BI ツール以上のものを利用できます。Looker の分析、最新のデータスタック、統合、アプリ開発向けの機能、包括的なプロフェッショナル サービス、ワールドクラスのサポートをご利用いただけます。

お客様固有のビジネスニーズにお応えできるよう、さまざまなプランをご用意しています。

見積もりをリクエスト.