使用可能なログ

このページでは、Stackdriver Logging のログとその構造の基本について説明します。

Stackdriver Logging は、Google Cloud Platform、Amazon Web Service(AWS)、Stackdriver Logging fluentd エージェントを実行している VM インスタンス、ユーザー アプリケーションなど、さまざまなソースからログを受信し、インデックスを生成してエントリを保管しています。

Stackdriver Logging のログエントリはすべて、1 つのデータ型 LogEntry を使用して表現されています。このデータタイプですべてのログエントリに共通のデータを定義し、個々のペイロードを処理します。

ログエントリの構造

Stackdriver Logging のログエントリはすべて LogEntry 型のオブジェクトであり、次の情報が保存されます。

  • ログエントリを所有する GCP のプロジェクトまたは組織
  • ログエントリが適用されるリソースモニタリング対象リソースリストリソースタイプと特定のインスタンスを表す値から構成されます。
  • ログ名
  • タイムスタンプ
  • ペイロードtextPayloadjsonPayloadprotoPayload(GCP サービスの場合)のいずれかになります。

ログエントリの内容については、Stackdriver Logging APILogEntryをご覧ください。

エージェント ログ

Logging エージェントは fluentd ベースのプロセスで、サポートされる VM インスタンス上で実行できます。

Logging エージェントは、VM インスタンス上のシステムログとサードパーティ ログを Stackdriver Logging に送信します。これらのログは、送信先で別々のログとして表示されます。詳細については、デフォルトのロギング エージェントのログをご覧ください。

監査ログ

Cloud Audit Logging では、管理アクティビティシステム イベントデータアクセスという 3 種類の監査ログが維持されます。Google Cloud Platform サービスによって、これらのログに監査ログエントリが書き込まれ、GCP のプロジェクト、フォルダ、組織で誰が、何を、どこで、いつ行ったかを調べるのに役立ちます。

監査ログを書き込む GCP サービスの一覧については、監査ログを生成するサービスをご覧ください。

監査ログの詳細については、Cloud Audit Logging をご覧ください。

Stackdriver Logging で使用可能なログ

Stackdriver Logging で使用可能なログは、プロジェクトで使用している GCP リソースによって異なります。詳細については、GCP のドキュメント ホームにアクセスし、該当するプロダクトまたはサービスを選択してください。

ログの表示

ログエントリを表示するには、いくつかの方法があります。

  • Google Cloud Platform Console を使用してログエントリを読み取る方法については、ログビューアの概要をご覧ください。
  • Stackdriver Logging API を使用してログエントリを読み取る方法については、entries.list をご覧ください。
  • Google Cloud SDK を使用してログエントリを読み取る方法については、ログエントリを読み取るをご覧ください。

ログのエクスポート

Stackdriver Logging では、ログエントリを Cloud Storage、Cloud Pub/Sub、BigQuery にエクスポートすることもできます。詳細については、ログのエクスポートの概要をご覧ください。

ログ保持

個々のログエントリは、一定期間保持され、その後削除されます。ログエントリの保持期間は、Stackdriver Logging の割り当てポリシーで説明されています。

料金

ログの料金については、Stackdriver の料金をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。