ログのリスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

使用可能なログの名前を一覧表示する方法を示します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

Java

Logging 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Logging クライアント ライブラリをご覧ください。

import com.google.api.gax.paging.Page;
import com.google.cloud.logging.Logging;
import com.google.cloud.logging.LoggingOptions;

public class ListLogs {

  public static void main(String... args) throws Exception {

    try (Logging logging = LoggingOptions.getDefaultInstance().getService()) {

      // List all log names
      Page<String> logNames = logging.listLogs();
      while (logNames != null) {
        for (String logName : logNames.iterateAll()) {
          System.out.println(logName);
        }
        logNames = logNames.getNextPage();
      }
    }
  }
}

Node.js

Logging 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Logging クライアント ライブラリをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const {Logging} = require('@google-cloud/logging');

// Creates a client
const logging = new Logging();

async function printLogNames() {
  const [logs] = await logging.getLogs();
  console.log('Logs:');
  logs.forEach(log => {
    console.log(log.name);
  });
}
printLogNames();

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。