クイックスタート: Cloud Run for Anthos オンプレミスにデプロイする

このページでは、Cloud Run for Anthos オンプレミスに対して有効な Google Kubernetes Engine クラスタを作成し、事前にビルドしたサンプル コンテナをクラスタにデプロイする方法について説明します。

始める前に

  1. このクイックスタートでは、Cloud Run for Anthos が有効であるアクティブな Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)のクラスタがあることを前提としています。このクラスタを作成するには、Cloud Run for Anthos オンプレミス クラスタの作成をご覧ください。

    Anthos の詳細については、Anthos の料金をご覧ください。

  2. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  3. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  4. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  5. デプロイされたサンプル サービスにリクエストを送信するには、cURL をインストールします。
  6. Cloud SDK の最新バージョンを使用するため、Cloud SDK をインストールまたは更新します。

コマンドライン環境の設定

Cloud Run for Anthos オンプレミス用に Cloud SDK と kubectl を設定します。

  1. Cloud SDK をインストールして初期化します

  2. gcloud コマンドライン ツールで使用されるデフォルトの Google Cloud プロジェクトを、作成した Cloud プロジェクトに設定します。

    gcloud config set project PROJECT-ID

    PROJECT_ID は実際の Cloud プロジェクトの ID に置き換えます。

  3. kubectl コマンドライン ツールをインストールします。

    gcloud components install kubectl
  4. インストール済みの gcloud ツール コンポーネントを更新します。

    gcloud components update

サンプル コンテナをデプロイする

作成したクラスタにコンテナをデプロイするには:

  1. 次のコマンドを実行します。

    gcloud kuberun core services create SERVICE --image IMAGE_URL
    • SERVICE は、デプロイ先のサービスの名前に置き換えます。このパラメータは省略できますが、省略するとサービス名の入力を求められます。
    • IMAGE_URL は、コンテナ イメージへの参照(gcr.io/myproject/my-image:latest など)に置き換えます。
  2. デプロイが完了するまで待ちます。正常に完了すると、デプロイされたサービスの URL が成功のメッセージと一緒に表示されます。

デプロイしたサービスにアクセスする

サービスのデプロイ後に、Istio Ingress コントローラ用に作成されたロードバランサ サービスの外部 IP アドレスを使用して、リクエストを送信し、サービスが動作していることを確認するために cURL を使用できます。

  1. kubectl コマンドラインを使用して IP アドレスを取得し、メモします。

    kubectl get svc istio-ingress -n gke-system --output 'jsonpath={.status.loadBalancer.ingress[0].ip}'

  2. kubectl コマンドラインを使用してドメインを取得し、メモします。

    kubectl get route SERVICE  --output jsonpath='{.status.url}' | sed 's/https\?:\/\///'

    SERVICE は、サービスの名前に置き換えます。

  3. サービスの DOMAINIP_ADDRESS を使用して cURL を呼び出します。

    curl -v -H "Host: DOMAIN" http://IP_ADDRESS

    以下のように置き換えます。

    • DOMAIN は、前の手順で取得したドメインに置き換えます。
    • IP_ADDRESS は、前の手順で取得した IP アドレスに置き換えます。

クリーンアップ

次のコマンドを実行して Cloud Run for Anthos オンプレミス サービスを削除します。

gcloud kuberun core services delete SERVICE

SERVICE は、サービスの名前に置き換えます。

次のステップ

コードソースからコンテナをビルドし、Container Registry に push してデプロイする方法については、以下をご覧ください。