利用可能な GKE クラスタ バージョン

Google Kubernetes Engine コントロール プレーン(マスター)クラスタのマイナー バージョンによって、クラスタにインストールされる Cloud Run for Anthos on Google Cloud のバージョンが決まります。

Cloud Run for Anthos のアップグレードを行うには、目的のバージョンの Cloud Run for Anthos をサポートするマイナー バージョンに GKE クラスタをアップグレードします。GKE クラスタのアップグレードの詳細については、GKE ドキュメントのクラスタのアップグレードをご覧ください。

Cloud Run for Anthos とクラスタのバージョンはリリースノートでも確認できます。

バージョンに関する既知の問題については、Cloud Run for Anthos の既知の問題ページをご覧ください。

次の表に、各 GKE マイナー バージョンでサポートされる Cloud Run for Anthos のバージョンを示します。

Cloud Run for Anthos on Google Cloud version GKE control plane (master) minor version
0.19.0-gke.1

1.20

0.19.0-gke.1

1.19

0.19.0-gke.1

1.18

0.18.0-gke.5

1.17

0.17.2-gke.3 1.16
0.14.0-gke.11 1.15

既存クラスタのバージョンの確認

既存クラスタの Cloud Run for Anthos バージョンを取得するには、次のコマンドを入力します。

kubectl get namespace knative-serving -o 'go-template={{index .metadata.labels "serving.knative.dev/release"}}'

出力は次のようになります。

v0.14.0-gke.5

返された値の最初の部分 v0.14.0 は、この Cloud Run for Anthos ビルドに固定された Knative バージョンです。

2 番目の部分 gke.5 は、Cloud Run for Anthos のビルド番号です。

Cloud Run for Anthos のバージョン

0.19.0-gke.1

  • Knative 0.19 リリースを参照しています。

0.18.0-gke.5

  • Knative 0.18 リリースを参照しています。

0.18.0-gke.4

  • Knative 0.18 リリースを参照しています。

0.17.2-gke.3

0.17.2-gke.1

  • Knative 0.17 リリースを参照しています。

0.16.0-gke.1

  • Knative 0.16 リリースを参照しています。

0.15.0-gke.3

  • Knative 0.15 リリースを参照しています。

  • Cloud Run for Anthos で Managed TLS GA がサポートされるようになりました。

0.14.0-gke.11

0.14.0-gke.10

Cloud Run for Anthos バージョン リリースのプロセス

Cloud Run for Anthos の各リリースは Knative リリースを参照しています。Cloud Run for Anthos のリリースは、Knative バージョンのリリース後 1~3 週間以内に Rapid リリース チャンネルで利用できるようになります。

次の表に、利用可能な Google Kubernetes Engine リリース チャンネルと、これらのチャンネルへのリリースに関する Cloud Run for Anthos の戦略を示します。

チャンネル Cloud Run for Anthos リリース サイクル プロパティ
Rapid Weekly 最新の Cloud Run for Anthos リリースをできるだけ早く入手するようにします。新しい Cloud Run for Anthos 機能の一般提供が開始されると、すぐに利用できます。クラスタは最新のテクノロジーに対応するために頻繁に更新されます。
Regular(デフォルト) Rapid でのリリースから 1~2 週間後 ほとんどのユーザーに推奨されます。より安定した予測可能なリリース サイクルで、リリース後すぐに Cloud Run for Anthos の機能にアクセスできます。機能の可用性と更新の安定性のバランスが取れています。クラスタは月に 2~3 回アップグレードされます。
Stable Regular でのリリースから 1~2 か月後。 新機能よりも安定性を優先します。このチャンネルでの変更と新しいバージョンは、Rapid チャンネルと Regular チャンネルでリリースされてから最後にロールアウトされます。そのため、このチャンネルではより多くの時間をかけて検証できます。クラスタは四半期に 2~3 回アップグレードされます。

Cloud Run for Anthos クラスタのアップグレード プロセス

メンテナンスの時間枠または除外を構成していない限り、GKE クラスタは、クラスタのリリース チャンネルで新しいバージョンの GKE が利用可能になってから 2~3 日以内に自動的にアップグレードされます。お知らせを確認するには、Cloud Run for Anthos リリースノートGKE リリースノートに登録してください。