クラスタの削除

このページでは、Google Kubernetes Engine クラスタを削除する方法について説明します。

概要

クラスタを削除すると、次のリソースが削除されます。

  • マスター リソース
  • クラスタ内のすべてのノード インスタンス
  • それらのインスタンスで実行されているすべての Pod
  • クラスタ作成時に GKE によって作成されたすべてのファイアウォールとルート
  • ホスト hostPath および emptyDir ボリュームに保存されたデータ

次のリソースは削除されません。

始める前に

作業を始める前に、次のことを確認してください。

次のいずれかの方法で gcloud のデフォルトの設定を指定します。

  • gcloud init。デフォルトの設定全般を確認する場合に使用します。
  • gcloud config。プロジェクト ID、ゾーン、リージョンを個別に設定する場合に使用します。

gcloud init の使用

  1. gcloud init を実行して、次の操作を行います。

    gcloud init

    リモート サーバーで SSH を使用している場合は、--console-only フラグを指定して、コマンドがブラウザを起動しないようにします。

    gcloud init --console-only
  2. 手順に従って gcloud を承認し、Google Cloud アカウントを使用します。
  3. 新しい構成を作成するか、既存の構成を選択します。
  4. Google Cloud プロジェクトを選択します。
  5. デフォルトの Compute Engine ゾーンを選択します。

gcloud config の使用

  • デフォルトのプロジェクト ID を設定します。
    gcloud config set project project-id
  • ゾーンクラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング ゾーンを設定します。
    gcloud config set compute/zone compute-zone
  • リージョン クラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング リージョンを設定します。
    gcloud config set compute/region compute-region
  • gcloud を最新バージョンに更新します。
    gcloud components update

クラスタの削除

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用してクラスタを削除するには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters delete [CLUSTER_NAME]

詳しくは、gcloud container clusters delete のドキュメントをご覧ください。

Console

Cloud Console を使用してクラスタを削除するには、次の手順に従います。

  1. Cloud Console で Google Kubernetes Engine のメニューに移動します。

    Google Kubernetes Engine のメニューに移動

  2. 削除するクラスタの横にある [削除] アイコン(ごみ箱のようなアイコン)をクリックします。

  3. 確認するメッセージが表示されたら、もう一度 [削除] をクリックします。

複数のクラスタを一度に削除するには、対象の複数のクラスタを選択して、画面上部の [削除] ボタンをクリックします。確認のメッセージが表示されたら、もう一度 [削除] をクリックします。

次のステップ