リージョン クラスタの作成


このトピックでは、クラスタのアップグレード、自動メンテナンス、ゾーンの中断中にクラスタのコントロール プレーンとワークロードの可用性を高めるリージョン クラスタを作成する方法を説明します。シングルゾーン クラスタまたはマルチゾーン クラスタの代わりにリージョン クラスタを作成すると、コントロール プレーンとノードのレプリカは特定のリージョンの複数のゾーンで実行されます。デフォルトでは、リージョン クラスタのノードもコントロール プレーンと同じゾーンに複製されます。

作成可能なクラスタのタイプについては、こちらをご覧ください。

リージョン クラスタを作成した後は、そのクラスタをシングルゾーン クラスタやマルチゾーン クラスタに変換できません。

リージョン クラスタは複数のゾーンにわたってリソースを複製し、追加の割り当てを消費します。

始める前に

作業を始める前に、次のことを確認してください。

次のいずれかの方法で gcloud のデフォルトの設定を指定します。

  • gcloud init。デフォルトの設定全般を確認する場合に使用します。
  • gcloud config。プロジェクト ID、ゾーン、リージョンを個別に設定する場合に使用します。

gcloud init の使用

エラー One of [--zone, --region] must be supplied: Please specify location を受信した場合は、このセクションの内容を実施します。

  1. gcloud init を実行して、次の操作を行います。

    gcloud init

    リモート サーバーで SSH を使用している場合は、--console-only フラグを指定して、コマンドがブラウザを起動しないようにします。

    gcloud init --console-only
  2. 手順に従って gcloud を承認し、Google Cloud アカウントを使用します。
  3. 新しい構成を作成するか、既存の構成を選択します。
  4. Google Cloud プロジェクトを選択します。
  5. ゾーンクラスタの場合はデフォルトの Compute Engine ゾーン、リージョン クラスタまたは Autopilot クラスタの場合はデフォルトの Compute Engine リージョンを選択します。

gcloud config の使用

  • デフォルトのプロジェクト ID を設定します。
    gcloud config set project PROJECT_ID
  • ゾーンクラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング ゾーンを設定します。
    gcloud config set compute/zone COMPUTE_ZONE
  • Autopilot クラスタまたはリージョン クラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング リージョンを設定します。
    gcloud config set compute/region COMPUTE_REGION
  • gcloud を最新バージョンに更新します。
    gcloud components update
  • クラスタを作成するための適切な権限があることを確認します。少なくとも、Kubernetes Engine Cluster 管理者である必要があります。

リージョン クラスタの作成

gcloud ツールまたは Google Cloud Console を使用して、リージョン クラスタを作成できます。

Visual Studio Code を使用して GKE アプリケーションを開発している場合は、Cloud Code でクラスタを作成してみてください。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用してリージョン クラスタを作成するには、次のいずれかのコマンドを使用します。

以下を置き換えます。

  • CLUSTER_NAME: 新しいリージョン クラスタの名前。
  • CHANNEL: リリース チャネルのタイプ。rapidregularstableNone のいずれかに指定できます。--cluster-version--release-channel--no-enable-autoupgrade--no-enable-autorepair の各フラグが指定されていない場合、クラスタは、デフォルトで regular リリース チャネルに登録されます。
  • COMPUTE_REGION: クラスタに必要なリージョンus-central1 など)。
  • VERSION: クラスタに指定するバージョン
  • ゾーンが 4 つ以上あるリージョンの場合や、ゾーンが少ないほうが好ましい場合は、オプションの --node-locations フラグを使用して、ノードが複製されるデフォルト ゾーンをオーバーライドできます。

特定のリリース チャネルを使用する場合:

特定のリリース チャネルを使用して新しいクラスタを作成するには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters create CLUSTER_NAME \
    --release-channel CHANNEL \
    --region COMPUTE_REGION

特定のバージョンを使用する場合:

特定のクラスタ バージョンを使用して新しいクラスタを作成するには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters create CLUSTER_NAME \
    --cluster-version VERSION
    --region COMPUTE_REGION

静的なデフォルト バージョンを使用する場合:

静的デフォルト クラスタ バージョンを使用して新しいクラスタを作成するためにクラスタ バージョンを指定する必要はありませんが、リリース チャネルを None に設定する必要があります。

gcloud container clusters create CLUSTER_NAME \
    --release-channel None \
    --region COMPUTE_REGION

次のコマンドは、us-west1に 9 つのノードを持つ regular リリース チャネルに登録されたリージョン クラスタを作成します(デフォルトで 3 つのゾーンにそれぞれ 3 つのノードを持ちます)。

gcloud container clusters create my-regional-cluster --region us-west1

次のコマンドは、6 つのノードを持つ regular リリース チャネルに登録されたリージョン クラスタを作成します(2 つのノードを持つゾーンが 3 つ、--num-nodes で指定されます)。

gcloud container clusters create my-regional-cluster \
    --num-nodes 2 \
    --region us-west1

次のコマンドでは、2 つのゾーンに 6 つのノードを持つ regular リリース チャネルに登録されたリージョン クラスタが作成されます(3 つのノードを持つゾーンが 2 つ、--node-locations で指定されます)。

gcloud container clusters create my-regional-cluster \
    --region us-central1 \
    --node-locations us-central1-b,us-central1-c

Console

  1. Cloud Console で Google Kubernetes Engine のメニューに移動します。

    Google Kubernetes Engine のメニューに移動

  2. [ 作成] をクリックします。

  3. [クラスタの基本] セクションで、次の操作を行います。

    1. クラスタの名前を [名前] に入力します。
    2. [ロケーション タイプ] には [リージョン] を選択し、クラスタに使用する [リージョン] を選択します。
    3. [マスター バージョン] を選択します。デフォルトの [リリース チャンネル] を選択することをおすすめします。静的バージョンを指定する必要がある場合は、ノードプールの自動アップグレードが有効になっていることを確認してください。

  4. ナビゲーション ペインの [ノードプール] で [default-pool] をクリックします。

  5. [ノードプールの詳細] セクションで、次の操作を行います。

    1. [名前] に、デフォルトのノードプールの名前を入力します。
    2. 静的バージョン ノードの場合は、ノードのバージョンを選択します。
    3. [ノード数] に、クラスタ内に作成するノードの数を入力します。ノードとそのリソース(ファイアウォール ルートなど)に使用できるリソース割り当てが必要です。
  6. ナビゲーション パネルで、[ノードプール] の下の [ノード] をクリックします。

  7. [イメージの種類] プルダウン リストから、目的のノードイメージを選択します。

  8. インスタンスに使用するデフォルトの [マシンの構成] を選択します。マシンタイプごとに課金方法は異なります。デフォルトのマシンタイプは e2-medium です。マシンタイプごとの料金については、マシンタイプの料金表をご覧ください。

  9. [ブートディスクの種類] プルダウン リストから、目的のディスクの種類を選択します。

  10. [ブートディスクのサイズ] を入力します。

  11. [作成] をクリックします。

クラスタを作成した後、コマンドラインからクラスタとやり取りするには、その前に kubectl を構成する必要があります。

次のステップ