Google Cloud Platform Service Broker の使用

概要

Google Cloud Platform(GCP)Service Broker は、GCP でホストされるオープンソースの Open Service Broker(OSB)API の実装であり、Kubernetes 上で実行されるアプリケーションへの GCP サービスの配信を簡素化します。Service Broker で GCP リソースを作成してそのリソースに対応する権限を管理することで、Kubernetes クラスタ内から GCP サービスを簡単に使用できるようになります。たとえば、GKE クラスタ内から Cloud Pub/Sub サービスのインスタンスをプロビジョニングし、アプリケーションで使用できるようにすることが可能です。

Service Broker はサービス カタログ GKE アドオンの最上位に登録されています。クラスタにサービス カタログをインストールして Service Broker を追加すると、利用可能なサービスとプランの一覧がダウンロードされます。これで、プランのインスタンスを作成しそのインスタンスに必要な権限(バインディング)を割り当てることができるようになります。以上で、クラスタ内のアプリケーションは、ネイティブ API を使用して作成されたサービス インスタンスにアクセスできるようになります。認証情報やエンドポイントなどの情報を手動でインポートする必要はありません。

Service Broker を介して利用可能な GCP サービスは次のとおりです。

詳細については、以下のドキュメント トピックをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...