Google Cloud Platform Service Broker の使用

Google Kubernetes Engine

概要

Google Cloud Service Broker は、Google Cloud でホストされるオープンソースの Open Service Broker(OSB)API の実装です。これにより、Kubernetes 上で実行されるアプリケーションへの Google Cloud サービスの配信が簡単になります。Google Cloud リソースを作成し、それに対応する権限を管理することで、Kubernetes クラスタ内から Google Cloud サービスを簡単に利用できます。たとえば、GKE クラスタ内から Pub/Sub サービスのインスタンスをプロビジョニングし、アプリケーションで使用できるようにすることが可能です。

Service Broker はサービス カタログ GKE アドオンの最上位に登録されています。クラスタにサービス カタログをインストールして Service Broker を追加すると、使用可能なサービスとプランのリストがダウンロードされ、プランのインスタンスを作成して必要な権限(割り当て)を適用できるようになります。以上で、クラスタ内のアプリケーションは、ネイティブ API を使用して作成されたサービス インスタンスにアクセスできるようになります。認証情報やエンドポイントなどの情報を手動でインポートする必要はありません。

Service Broker から使用可能な Google Cloud サービスは次のとおりです。

詳細については、以下のドキュメント トピックをご覧ください。