ノードプール


このページでは、Google Kubernetes Engine(GKE)でのノードプールの仕組みについて説明します。

ノードプールを管理する方法については、ノードプールの追加と管理をご覧ください。

概要

ノードプールは、クラスタ内で同じ構成を持つノードのグループです。ノードプールは、NodeConfig の仕様を使用します。プール内の各ノードには Kubernetes ノードラベル cloud.google.com/gke-nodepool が設定されます。これには値としてノードプールの名前が指定されます。

クラスタを作成すると、指定したノード数とノードタイプを使用して、クラスタの最初のノードプールが作成されます。その後、別のサイズやタイプのノードプールをクラスタに追加できます。ノードプール内のノードはすべて同一になります。

たとえば、ローカル SSD最小 CPU プラットフォームSpot VM(プレビュー)、特定のノードイメージ、またはさまざまなマシンタイプを使用して、クラスタ内のノードプールを作成できます。カスタム ノードプールは、他より多くのリソース(メモリやローカル ディスク容量など)を必要とする Pod をスケジュールする必要がある場合に役立ちます。Pod をスケジュールする場所をより細かく制御する場合は、ノード taints を使用できます。

クラスタ全体に影響を与えずに、ノードプールの作成、アップグレード、削除を個別に行うことができます。ノードプール内に単一ノードを構成することはできません。構成は、ノードプール内のすべてのノードに影響します。

クラスタ内のノードプールのサイズを変更するには、ノードの追加または削除します。

デフォルトでは、すべての新しいノードプールがコントロール プレーンと同じバージョンの Kubernetes を実行します。既存のノードプールは手動でアップグレードすることも、自動的にアップグレードすることもできます。また、クラスタ内の各ノードプールで複数の Kubernetes ノード バージョンを実行できます。ノードプールを個別に更新することも、特定のデプロイに対して異なるノードプールをターゲットとして指定することもできます。

特定のノードプールに Service をデプロイする

Service を定義すると、デプロイ先のノードプールを間接的に制御できます。ノードプールは、Service の構成ではなくPod の構成に依存します。

  • Pod マニフェストに nodeSelector を設定することによって、Pod を特定のノードプールに明示的にデプロイできます。こうすることで、Pod はそのノードプール内のノードでのみ実行されるようになります。例については、Pod を特定のノードプールにデプロイするをご覧ください。

  • コンテナのリソース リクエストを指定できます。Pod は、リソース リクエストを満たすノードでのみ実行されます。たとえば、Pod 定義に 4 つの CPU を必要とするコンテナが含まれている場合、Service は 2 つの CPU を持つノード上で動作する Pod を選択しません。

マルチゾーン クラスタまたはリージョン クラスタ内のノード

マルチゾーン クラスタまたはリージョン クラスタを作成すると、すべてのノードプールがこれらのゾーンに自動的に複製されます。新しいノードプールも、これらのゾーンに自動的に作成されます。同様に、あるゾーンからノードプールを削除すると、それらのノードプールが他のゾーンからも削除されます。

この乗法効果のため、ノードプールを作成すると、特定のリージョンに対するプロジェクトの割り当ての消費が増える場合があります。

ノードプールの削除

ノードプールを削除すると、GKE はノードプール内のすべてのノードをドレインします。このドレイン プロセスには、GKE によるノードプール内の各ノードの Pod の強制排除が含まれます。ノードプールの各ノードは、割り当てられた猶予期間の MAX_POD で Pod を強制排除することによって、ドレインされます。MAX_POD は、ノードに対してスケジュール済みの Pod に設定される最大 terminationgraceperiodseconds で、1 時間の上限に設定されます。

次のステップ