サービス カタログ

このページでは、Google Kubernetes Engine のサービス カタログ アドオンの概要を説明します。

概要

サービス カタログは Kubernetes の拡張 API であり、Kubernetes クラスタ上で実行されるアプリケーションをサービス ブローカーと接続して、外部の管理対象ソフトウェアを簡単に使用できるようにします。たとえば、サービス カタログを使用すると Google Cloud Platform(GCP)のサービス ブローカーに接続し、簡単に GCP サービスをプロビジョニングできます。

サービス カタログを使用する理由

サービス カタログにより、認証情報やエンドポイントなどの情報を手動でインポートしなくても、クラスタ上で実行されるアプリケーションで簡単に外部サービスを検出して接続できます。外部サービスの依存関係は Kubernetes リソースとしてモデル化されていて、既存のデプロイ プロセスに簡単に統合できます。

サービス カタログの詳細については、Kubernetes のサービス カタログのドキュメントをご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Kubernetes Engine のドキュメント