レジストリを参照する

レジストリを参照します。

コードサンプル

Node.js

// const cloudRegion = 'us-central1';
// const projectId = 'adjective-noun-123';
// const registryId = 'my-registry';
const iot = require('@google-cloud/iot');

const iotClient = new iot.v1.DeviceManagerClient({
  // optional auth parameters.
});

const registryName = iotClient.registryPath(
  projectId,
  cloudRegion,
  registryId
);

async function getDeviceRegistry() {
  // Construct request
  const [response] = await iotClient.getDeviceRegistry({name: registryName});
  console.log(response);
}

getDeviceRegistry();

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。