認可されたクライアントを作成する

正しい認証情報でクライアントを作成します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

C#

public static CloudIotService CreateAuthorizedClient()
{
    GoogleCredential credential =
        GoogleCredential.GetApplicationDefaultAsync().Result;
    // Inject the Cloud IoT Core Service scope
    if (credential.IsCreateScopedRequired)
    {
        credential = credential.CreateScoped(new[]
        {
            CloudIotService.Scope.CloudPlatform // Used for IoT + PubSub + IAM
            //CloudIotService.Scope.Cloudiot // Can be used if not accessing Pub/Sub
        });
    }
    return new CloudIotService(new BaseClientService.Initializer
    {
        HttpClientInitializer = credential,
        GZipEnabled = false
    });
}

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。