接続のテスト

Google で相互接続の動作が確認されるまで、相互接続を使用することはできません。この確認作業のため、オンプレミス ルーターに構成する IP の情報が Google から送信されます。プロセス全体の概要は次のとおりです。

  1. Google が 24 時間ごとにエッジデバイスをポーリングし、ポートのライトを確認します。相互接続がインストールされていればライトが点灯します。ライトを確認すると、Google はルーターに実行する ping で使用する IP アドレスをメールで送信します。
  2. オンプレミス ルーターのインターフェースを正しい IP アドレスで構成します。Google はライトを検出してから 30 分後にデバイスに ping を実行します。その後、24 時間ごとに ping の実行を繰り返します。
    • 1 回線(1 つの 10 Gbps または 1 つの 100 Gbps リンク)をご注文いただいた場合、Google は接続テストを行う際に、LACP を有効にしてリンクローカル IP アドレスを使用します。
    • 複数の回線(複数の 10 Gbps または 100 Gbps リンク)をご注文いただいた場合、Google は接続テストを行う際に、LACP を無効にしてパブリック IP アドレスを使用します。
  3. ping に成功すると、Google から次のようなメールが届きます。
    • 1 つの回線(1 つの 10 Gbps または 1 つの 100 Gbps リンク)をご注文いただいた場合は、相互接続が使用可能であることが通知されます。
    • 複数の回線(複数の 10 Gbps リンクまたは 2 つの 100 Gbps リンク)をご注文いただいた場合は、リンクローカル IP アドレスが通知されます。LACP を有効にしたバンドル インターフェースに、これらの IP アドレスを構成します。ping に成功すると、相互接続が使用可能であることが通知されます。

Google が送信する IP 構成の例は次のとおりです。

Google の境界名 Google の IP アドレス ルーターの IP アドレス サブネット サイズ
Google demarc 1 192.0.2.1 192.0.2.2 /30
Google demarc 2 198.51.100.1 198.51.100.2 /30

これらのテスト IP アドレスをオンプレミス ルーターのインターフェースに適用します。テストに失敗した場合、Google は 1 日 1 回、接続テストを自動的に行います。一般的な問題を解決するには、トラブルシューティング ガイドをご覧ください。

すべてのテストに合格したら、相互接続を使用できるようになり、Google は相互接続に対する課金を開始します。相互接続のステータスを表示するには、相互接続の詳細の表示をご覧ください。この段階で、オンプレミス ルーターのインターフェースからテスト IP アドレスを削除する必要があります。

次のステップ

相互接続でトラフィックを伝送できるようになりましたが、Google Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークには関連付けられていません。オンプレミス ネットワークと VPC ネットワークの間の接続を確立するには、VLAN アタッチメントを作成して BGP セッションを確立します。