Cloud Code for IntelliJ

IntelliJ 内で、アプリケーションを開発、デプロイ、デバッグ。

このプロダクトのドキュメントを見る

IntelliJ を Google Cloud Platform の IDE にする

Cloud Code for IntelliJ を使用すると、IntelliJ を簡単に拡張して、迅速にビルドとデプロイを行い、デバッグ サイクルを繰り返せます。クラウドアプリ用の Java バックエンドを、App Engine スタンダード環境かフレキシブル環境にデプロイしてください。あるいは、Cloud Code for IntelliJ を使用して、完全に統合された Kubernetes 開発、デプロイ、デバッグ環境を IDE 内に構築することもできます。

ソースの保存とデバッグ

Google Cloud でホストされた Git リポジトリを Cloud Code for IntelliJ とともに使用して、ソースコードをデプロイしたサービスと一緒に保存します。また、Cloud デバッガを使用してクラウドのバックエンドをリアルタイムでデバッグできます。組み込み IDE 機能も、デバッグに使用可能です。

Kubernetes 開発を高速化

Kubernetes の開発時に、構成ファイルではなくコーディングに集中できます。Cloud Code for IntelliJ で利用可能なテンプレートを使用すると、Kubernetes リソース ファイルをすばやく定義できます。ローカルのクラスタにも、複数のクラウド プロバイダにもデプロイ可能です。

生産性が向上

Kubernetes や Knative のリソース ファイルの操作時も、コード補完、Lint チェック、スニペットなどの組み込み IDE 機能が、設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。また、Skaffold、Jib、Kubectl などの一般的なツールにアクセスして、Kubernetes コードに関して継続的にフィードバックを得られます。

特長

ローカルで実行して本番環境にデプロイ

アプリをローカルで実行してテストし、開発が完了したら、IntelliJ IDEA 内からプロジェクトをライブでデプロイできます。

ソース プラグイン

Cloud Source Repositories 内でコードを保管、管理、追跡します。 Cloud Source Repositories は、多機能でスケーラブルなプライベート Git リポジトリです。

Cloud デバッガ

Cloud デバッガとの統合により、ユーザーに気づかれることなく、本番環境のアプリのエラーを検出して修正できます。

マルチクラウド デプロイ

ローカルのクラスタにも、複数のクラウド プロバイダにもデプロイできます。単一のサービスからマルチサービスで複数の環境のアプリまでスケールできます。

個人と企業

Cloud Code for IntelliJ は、IntelliJ IDEA Community Edition および Ultimate Edition と互換性があります。

リソース

料金

IntelliJ Community ユーザーと Ultimate ユーザーは、Cloud Code for IntelliJ を無料でご利用いただけます。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用