Intel と Google Cloud Platform

企業の発展をサポート

お問い合わせ

パブリック クラウド プロバイダとして初めて Intel Optane DC Persistent Memory による仮想マシンを実現

Google Cloud は今年 7 月、Intel の Optane DC Persistent Memory をサポートする GCP 仮想マシンの提供を目的とした、Intel と SAP との新たな提携を発表しました。これは、大量のデータを処理して保存し、SAP HANA などのメモリ内データベースを利用するお客様にとって大変意義のあることです。

Google はこのほど、Intel Optane DC Persistent Memory によって合計 7 TB のメモリを利用できる仮想マシンを発表しました。

各企業では、メモリ内データベースのスケーリング強化、レイテンシの削減、効率性の向上が求められています。導入初期のユーザーの場合、Intel Optane DC Persistent Memory を利用することで、SAP HANA の起動時間が最大 12 分の 1 にまで短縮しています。DRAM ベースの VM と比較して総所有コスト(TCO)が低いため、GCP で使用することで、運用効率と費用のバランスに悩む必要がなくなります。

Google Cloud はパブリック クラウド プロバイダとして初めて、Intel Optane DC Persistent Memory を利用した仮想マシンを実現しました。2019 年にはさらに大型の Optane ベースの VM を提供する予定です。

このたびの発表はより大きな取り組みの一環であり、ディープ エンジニアリングに関する Intel と SAP とのコラボレーションを通じた、インフラストラクチャとプラットフォームの変革に向けたものです。現在、Optane メモリを使用した GCP VM が数量限定のアルファ版プログラムとして提供されており、こちらから登録が可能です。

GCP の無料トライアル

Google Cloud Platform で Intel® Xeon® スケーラブル プロセッサ(Skylake)を使用する利点

Google Cloud はクラウド プロバイダとしては最初に Skylake の提供を開始しました。これにより、Google Cloud のお客様にいち早く Intel の最新テクノロジーをお届けすることが可能になりました。GCP で最新の Intel Xeon スケーラブル プロセッサを使用する利点を以下に示します。

さまざまなワークロードで応答時間が短縮

Google Cloud のお客様はすでに数百万時間を Skylake マシンタイプで実行しており、3D レンダリング、ゲノム研究、HPC、財務リスク計算、科学情報の可視化、データ分析などさまざまなアプリケーションのパフォーマンスが向上していることを実感しています。

ワークロードに最適なプロセッサを選択

CPU プラットフォーム選択ツールにより、ワークロードのニーズに最適なプロセッサを柔軟に選択できます。特定の Intel CPU プラットフォームを選択すると、お使いのマシンタイプが常にその CPU ファミリー以上になるよう、Google Compute Engine によるスケジューリングが行われます。

浮動小数点のパフォーマンスが 2 倍

アプリケーションで Skylake の Intel AVX-512 命令を使用することにより浮動小数点のパフォーマンスが最大 2 倍になり、コンピューティング負荷の高いワークロード処理において大きなメリットがもたらされます。

カスタム マシンタイプ

カスタム マシンタイプを使用することで、Google の専門知識を活用したワークロードのスケジューリングが行われます。マシンタイプを既存のワークロードに合わせて調整し、ジョブとマシンタイプを効率的にスケジューリングして、余計な費用が発生しないようにします。

秒単位の課金

多く実行するほど節約できます。Google Cloud Platform では、毎月最大 30% の割引が自動的に適用されます。そのため、無駄な投資を抑えて使い続けることができます。

世界中で利用可能

Skylake は、こちらに示す 17 の Google Cloud リージョンで一般提供されています。

技術革新を可能にするその他の Google Cloud + Intel ソリューション

Google Cloud が SAP HANA 向けに Intel Optane DC Persistent Memory で Intel および SAP と提携

Google Cloud は、Intel および SAP と提携して、間もなく出荷が始まる Intel® Optane DC Persistent Memory をサポートする SAP HANA ワークロード向け GCP 仮想マシンを提供することになりました。この GCP VM には、今後出荷予定の Intel® Xeon® スケーラブル プロセッサ(コードネーム Cascade Lake)が搭載されることになるため、VM リソースのサイズが拡大し、お客様にとってはコスト面でメリットがあります。Intel Optane DC Persistent Memory ベースの Google Cloud インスタンス(SAP HANA およびその他のワークロード向け)は、テストで利用するお客様を対象として今年後半から提供されます。

Intel Optane DC Persistent Memory と GCP について詳しくは、こちらをご覧ください。

Google Cloud Platform のエッジツークラウド ソリューション: IoT

Google Cloud と Intel はお客様とともに、ビジネスを加速し、複雑なビジネス上の問題を解決する IoT 垂直型ソリューションを構築しています。最新の IoT ソリューションでは、3D 画像キャプチャ、ロジスティクス、精密農業に IoT の機能を提供するように改善されたエッジツークラウド機能が提供されます。

Intel と Google Cloud とともに、Skylake や IoT ソリューションの概念実証を行う

Google Cloud Platform で Intel Parallel Studio XE を使用し、より高速なコードを作成

Intel Parallel Studio XE は、高性能のコンピューティング、エンタープライズ、クラウド アプリケーションを、よりスケーラブルで高速かつ可搬性のある並列コードにモダナイズできるソフトウェア開発スイートです。このツールセットは、Xeon スケーラブル プロセッサ(Skylake)でより多くの vCPU と Intel AVX-512 命令が利用可能になったことに対応して、C++、Fortran、Python アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。GCP の Intel Parallel Studio XE は、Windows インスタンスまたは Linux インスタンスでダウンロードし、実行できます。

Intel Parallel Studio XE の詳細を確認する

Intel パフォーマンス ライブラリと Intel Distribution for Python で、GCP 上の Intel Skylake プロセッサのパフォーマンスとスケーリングを強化

GCP の Compute Engine で、Intel Distribution for Python と Intel パフォーマンス ライブラリが無料で利用できるようになりました。Python ディストリビューションでは Python 2 と Python 3 の両方をサポートしており、NumPy、SciPy、scikit-learn などのよく使われるライブラリを高度に最適化したものを含んでいます。パフォーマンス ライブラリは、順次パイプライン フローと並列実行の両方の観点からこの最新の Intel プロセッサ ファミリー用に最適化され、調整された主要な通信カーネルとコンピューティング カーネルを統合しますが、それだけではなく、GCP のすべての Intel Xeon プロセッサ ファミリーで役立ちます。これらのライブラリを使用して Skylake ベースのサーバー上で 96 の vCPU インスタンスのスケーリングを完全に活用できるアプリケーションにとって特に重要です。パフォーマンス ベンチマークなど詳細については、ブログ記事をご覧ください。

GCP 上で Intel ディストリビューションと Intel パフォーマンス ライブラリを使用する方法を学ぶ

Intel MKL-DNN を今すぐダウンロード

Intel IoT デベロッパー キットと Google Cloud Platform

Intel と Google のコラボレーションにより、エッジからクラウドまでを開発対象とする広範な IoT ツールセットがデベロッパーに提供されるようになりました。Intel IoT デベロッパー キットと、Google Cloud Platform のウェブスケールの処理、アナリティクス、機械学習の機能により、開発者はプロトタイプからプロダクトに素早く移行でき、また、増え続けるデータ需要に合わせて簡単にスケーリングすることもできます。

Intel IoT デベロッパー キットと Google Cloud Platform を早速使ってみる