カスタムロールを編集する

カスタムロールの編集を行います。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

C#

IAM のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、IAM クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、IAM C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using System;
using System.Collections.Generic;
using Google.Apis.Auth.OAuth2;
using Google.Apis.Iam.v1;
using Google.Apis.Iam.v1.Data;

public partial class CustomRoles
{
    public static Role EditRole(string name, string projectId, string newTitle,
        string newDescription, IList<string> newPermissions, string newStage)
    {
        var credential = GoogleCredential.GetApplicationDefault()
            .CreateScoped(IamService.Scope.CloudPlatform);
        var service = new IamService(new IamService.Initializer
        {
            HttpClientInitializer = credential
        });
        // First, get a Role using List() or Get().
        string resource = $"projects/{projectId}/roles/{name}";
        var role = service.Projects.Roles.Get(resource).Execute();
        // Then you can update its fields.
        role.Title = newTitle;
        role.Description = newDescription;
        role.IncludedPermissions = newPermissions;
        role.Stage = newStage;
        role = service.Projects.Roles.Patch(role, resource).Execute();
        Console.WriteLine("Updated role: " + role.Name);
        return role;
    }
}

C++

IAM のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、IAM クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、IAM C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace iam = ::google::cloud::iam;
[](std::string const& name, std::string const& title) {
  iam::IAMClient client(iam::MakeIAMConnection());
  google::iam::admin::v1::UpdateRoleRequest request;
  request.set_name(name);
  google::iam::admin::v1::Role role;
  role.set_title(title);
  google::protobuf::FieldMask update_mask;
  *update_mask.add_paths() = "title";
  *request.mutable_role() = role;
  *request.mutable_update_mask() = update_mask;
  auto response = client.UpdateRole(request);
  if (!response) throw std::runtime_error(response.status().message());
  std::cout << "Role successfully updated: " << response->DebugString()
            << "\n";
}

Go

IAM のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、IAM クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、IAM Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	iam "google.golang.org/api/iam/v1"
)

// editRole modifies a custom role.
func editRole(w io.Writer, projectID, name, newTitle, newDescription, newStage string, newPermissions []string) (*iam.Role, error) {
	ctx := context.Background()
	service, err := iam.NewService(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("iam.NewService: %v", err)
	}

	resource := "projects/" + projectID + "/roles/" + name
	role, err := service.Projects.Roles.Get(resource).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Projects.Roles.Get: %v", err)
	}
	role.Title = newTitle
	role.Description = newDescription
	role.IncludedPermissions = newPermissions
	role.Stage = newStage
	role, err = service.Projects.Roles.Patch(resource, role).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Projects.Roles.Patch: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Updated role: %v", role.Name)
	return role, nil
}

Python

IAM のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、IAM クライアント ライブラリをご覧ください。詳細については、IAM Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

def edit_role(name, project, title, description, permissions, stage):
    """Creates a role."""

    # pylint: disable=no-member
    role = service.projects().roles().patch(
        name='projects/' + project + '/roles/' + name,
        body={
            'title': title,
            'description': description,
            'includedPermissions': permissions,
            'stage': stage
        }).execute()

    print('Updated role: ' + role['name'])
    return role

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。