クイックスタート: gcloud コマンドライン ツールの使用

以下のクイックスタートは、Cloud Healthcare API の v1beta1 バージョンで動作します。

このページでは、gcloud ツールを使用してデータセットの詳細の作成、更新、表示を行い、FHIR ストア、HL7v2 ストア、DICOM ストアを作成する方法を説明します。また、作成したリソースをクリーンアップする手順についても説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Healthcare API を有効にします。

    API を有効にする

  5. gcloud コマンドライン ツールの使用状況に応じて、次のいずれかの手順を行います。
    • Google Cloud Shell を使用している場合は、Google Cloud Console に移動し、コンソール ウィンドウの上部にある [Cloud Shell をアクティブにする] ボタンをクリックします。

      Google Cloud Console に移動

      コンソール下部の新しいフレーム内で Google Cloud Shell セッションが開き、コマンドライン プロンプトが表示されます。シェル セッションの初期化には数秒かかる場合があります。

    • Compute Engine 仮想マシンを使用している場合は、仮想マシンのターミナル ウィンドウを開きます。
    • マシンで gcloud ツールを使用している場合は、Cloud SDK をインストールして初期化します。

データセットの作成

データセットは、Google Cloud で医療データを保持する基本的なコンテナです。 Cloud Healthcare API を使用するには、少なくとも 1 つのデータセットを作成する必要があります。

ヒント: このページの VARIABLES 構文で示されているリクエストのプレースホルダ値を編集してから、コマンド全体をコピーできます。

データセットを作成するには、gcloud beta healthcare datasets create コマンドを実行します。

  • DATASET_ID はリージョン内で一意であることが必要です。数字、英字、アンダースコア、ダッシュ、ピリオドで構成される 1〜256 文字の Unicode 文字列を指定できます。
  • リージョンには us-central1us-west2europe-west2europe-west4northamerica-northeast1asia-east2asia-northeast1asia-southeast1、または us を指定できます。 プロジェクトのデフォルト リージョンを使用するには、--location オプションを省略します。

次のサンプルは、データセットを作成する方法を示します。

gcloud beta healthcare datasets create DATASET_ID \
    --location=LOCATION \
    --project=PROJECT_ID

リクエストが成功すると、コマンド プロンプトに次のように表示されます。

Created dataset [DATASET_ID].

データセットの詳細の取得

データセットの詳細を表示して、データセットが作成されたことを確認できます。

データセットの詳細を取得するには、gcloud beta healthcare datasets describe コマンドを実行します。

次のサンプルは、データセットの詳細を取得する方法を示しています。

gcloud beta healthcare datasets describe DATASET_ID \
    --location=LOCATION \
    --project=PROJECT_ID

リクエストが成功すると、コマンド プロンプトにデータセットの詳細が表示されます。

name: projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID

データセットを編集する

データセットを更新するには、gcloud beta healthcare datasets update コマンドを実行します。

次のサンプルは、データセットのタイムゾーンを更新する方法を示します。たとえば、タイムゾーンを「カナダ / 東部」に設定できます。

gcloud beta healthcare datasets update DATASET_ID \
    --location=LOCATION \
    --time-zone=TIME_ZONE \
    --project=PROJECT_ID

リクエストが成功すると、コマンド プロンプトにオペレーションとデータセットの詳細が表示されます。

Updated dataset [DATASET_ID].
name: projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID
timeZone: TIME_ZONE

DICOM ストア、HL7v2 ストア、FHIR ストアの作成と管理

このクイックスタートを完了するには、関連するセクションを展開します。

クリーンアップ

このチュートリアルで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、Google Cloud で作成したリソースをクリーンアップします。

このチュートリアル用に新しいプロジェクトを作成した場合は、プロジェクトの削除の手順に従ってください。それ以外の場合は、データセットの削除の手順に従ってください。

プロジェクトの削除

  1. Cloud Console で [リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] ページに移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

データセットの削除

このクイックスタートで作成したデータセットが不要になった場合は、削除できます。 データセットを完全に削除すると、データセットと、データセットに含まれる FHIR ストア、HL7v2ストア、または DICOM ストアが完全に削除されます。

データセットを削除するには、gcloud beta healthcare datasets delete コマンドを実行します。

  1. gcloud beta healthcare datasets delete コマンドを実行します。

    gcloud beta healthcare datasets delete DATASET_ID \
      --location=LOCATION \
    --project=PROJECT_ID
    
  2. 確認するには、「Y」と入力します。

リクエストが成功すると、コマンド プロンプトに次のように表示されます。

Deleted dataset [DATASET_ID].

次のステップ