開発環境の設定

以下のツールをインストールして、Go アプリの開発と Google Cloud へのデプロイのための環境を準備します。

Go をインストールする

  1. Go のインストール方法については、Go スタートガイドをご覧ください。

  2. 最新バージョンの Go がインストールされていることを確認してください。

    go version
    

エディタのインストール

Go の開発を効率的に行うには、一般的なエディタ プラグインと IDE にある次の機能をご活用ください。

  • 完全に統合されたデバッグ機能
  • 構文のハイライト表示
  • コード補完

Cloud SDK のインストール

Cloud SDK は、Cloud SDK 用ツールセットです。これには、コマンドラインから Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery、その他のサービスにアクセスするために使用される gcloudgsutilbq といったコマンドライン ツールが含まれます。これらのツールはインタラクティブに実行することも、自動スクリプトで実行することもできます。

たとえば、main パッケージを使用して Go ウェブアプリを App Engine にデプロイするには、次のコマンドを実行します。

gcloud app deploy

Cloud SDK をインストールするには、Cloud SDK のインストールを参照してください。

Go 用 Cloud クライアント ライブラリのインストール

Go 用 Cloud クライアント ライブラリは、Go デベロッパーが Datastore や Cloud Storage などの Google Cloud サービスと統合するための慣用的な方法です。

たとえば、Cloud Storage API などの個々の API のパッケージをインストールするには、次のようにします。

  1. プロジェクトに Go モジュールがすでにある場合は、そのディレクトリに移動します。それ以外の場合は、モジュールを作成します。

    go mod init YOUR_MODULE_NAME
    

    YOUR_MODULE_NAME を新しいモジュールの名前に置き換えます。

  2. プロジェクトで Cloud Storage パッケージを使用します。

    go get cloud.google.com/go/storage
    

API を使用して認証する方法については、認証の設定をご覧ください。

その他の便利なツールのインストール

Go ツールとライブラリの一覧は、GitHub に掲載のこちらの Go フレームワーク、ライブラリ、ソフトウェアの一覧をご覧ください。

次のステップ