サーバーレス アプリケーション バックエンド
コードを GCP サービスからトリガーしたり、任意のウェブ、モバイル、またはバックエンド アプリケーションから直接呼び出したりすることができます。Cloud Functions は、GCP とサードパーティ サービスを統合および拡張できるロジック接続層を提供し、可用性、セキュリティ、コスト効率の高いサーバーレス アプリケーションの迅速な構築を可能にします。
サードパーティのサービスや API との統合
Cloud Functions を使用すると、独自のマイクロサービスを HTTP API 経由で公開したり、Webhook 統合を提供するサードパーティ サービスと統合したりできます。例えば、Stripe による支払いが正常に行われた後の確認用メールの送信や、Twilio のテキスト メッセージ イベントへの応答など、有用な機能をアプリケーションにすばやく追加できます。
例: GitHub コミットに応答して Slack チャネルにコメントを投稿する
サーバーレス モバイル バックエンド
Firebase から直接 Cloud Functions を使用して、サーバーをスピンアップすることなくアプリケーションの機能を拡張します。 ユーザー アクション、分析、認証のイベントに応答するコードを実行します。例えば、イベントベースの通知に対するユーザーの関心を維持したり、CPU やネットワークに大きな負荷がかかるタスクを GCP にオフロードしたりすることに活用できます。
例: 新しいフォロワーに関する通知を送信する
サーバーレス IoT バックエンド
Cloud Functions と Cloud IoT Core をはじめとするフルマネージド サービスを使用して、IoT(Internet of Things)端末テレメトリー データの収集、リアルタイム処理および分析のためのバックエンドを構築します。Cloud Functions を使用すると、届いたイベントのそれぞれにカスタム ロジックを適用できます。
例: 端末構成の更新