モニタリング指標の表示

Console で指標を表示する

GCP Console では、実行時間、実行回数、メモリ使用量とともに Cloud Functions を表示できます。これらの指標は、Stackdriver Monitoring でも使用でき、これらの指標に対してカスタム アラート生成を設定できます。詳細については、Stackdriver Monitoring ドキュメントをご覧ください。

API 呼び出しの指標は、GCP Console の API 概要ページで確認できます。

最後に、GCP Console の API 割り当てページで、API 呼び出しと関数実行の両方の割り当て指標を確認できます。STATUS 指標ラベルの値が「割り当て量を超えた」実行をフィルタリングすることで、Stackdriver Monitoring で割り当てエラーのアラートを設定できます。詳細については、アラートの概要をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Functions のドキュメント