Cloud Functions の呼び出し

すべての Cloud Functions の関数に、関数を実行する方法とタイミングを決定するトリガーが存在します。トリガーとは本質的に、関数が実行される原因となるイベントの宣言を指します。トリガーを Cloud Functions の関数に関連付けると、トリガーの起動時に関数が実行されます。

トリガーには次の 2 つのタイプがあります。

  • HTTP トリガー
  • イベント トリガー

HTTP トリガー

関数の URL に HTTP リクエストが送信されると、HTTP トリガーを含む関数が実行されます。

イベント トリガー

イベント トリガーのある関数には公開 URL がありません。Cloud プロジェクト内のイベントに応答して実行されます。たとえば、データベース内のデータの変更に応じて関数を実行できます。

Cloud Functions は、次のイベントベースのトリガーをサポートしています。

Cloud Functions と Cloud Pub/Sub をサポートするその他の Google サービスや HTTP コールバックを提供するサービス(ウェブフック)と統合できます。詳細は、次のその他のトリガーをご覧ください。

その他のトリガー

Cloud Functions は Cloud Pub/Sub トピックのメッセージにより実行できるため、Cloud Functions と Cloud Pub/Sub をサポートするその他の Google サービスをイベントバスとして簡単に統合できます。HTTP 呼び出し機能を使うだけではなく、HTTP 呼び出し機能をサポートするサービス(ウェブフック)と統合することも可能です。

Cloud Logging

Google Cloud Logging イベントを Cloud Pub/Sub トピックにエクスポートし、ここから Cloud Functions で使用できます。詳細は、Cloud Logging でのログのエクスポートに関するドキュメントをお読みください。

Gmail

Gmail Push Notification API をお使いいただくことで、Gmail イベントを Cloud Pub/Sub トピックに送り、Cloud Functions の関数と一緒に呼び出すことができます。