Google Kubernetes Engine に Filestore マルチ共有を使用する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このガイドでは、GKE Filestore CSI ドライバで Google Kubernetes Engine の Filestore マルチ共有を使用する方法について説明します。

始める前に

  1. 始める前に、Filestore を使用するために必要な設定手順を完了してください。

  2. GKE Filestore CSI ドライバ(GKE バージョン 1.23 以降)を有効にします。

複数のアプリケーションで Filestore Multishares を使用する

このセクションでは、Filestore マルチ共有の StorageClass を使用して、DeploymentStatefulset の 2 つのアプリケーションをデプロイする方法を説明します。また、GKE で同じ基盤となる Filestore Enterprise インスタンス内ですべてのボリュームがビンパッキング(アプリケーションを GKE ノードに効率的にパックするプロセス)される仕組みについても説明します。

  1. GKE 提供の StorageClass を使用するか、カスタム StorageClass を作成します。

    GKE Filestore CSI ドライバを有効にすると、ユーザーは次の構成で GKE 提供のマルチ共有 StorageClass enterprise-multishare-rwx にアクセスできます。この StorageClass を参照すると、GKE Filestore CSI ドライバは、動的ボリューム プロビジョニングを使用して、GKE のワークロード需要に沿って、新しい Persistent Volume Claims(PVC)用の永続ボリューム(PV)を自動的に作成します。

    $ kubectl describe sc enterprise-multishare-rwx
    Name:                  enterprise-multishare-rwx
    IsDefaultClass:        No
    Annotations:           components.gke.io/component-name=filestorecsi,components.gke.io/component-version=0.7.2,components.gke.io/layer=addon
    Provisioner:           filestore.csi.storage.gke.io
    Parameters:            instance-storageclass-label=enterprise-multishare-rwx,multishare=true,tier=enterprise
    AllowVolumeExpansion:  True
    MountOptions:          <none>
    ReclaimPolicy:         Delete
    VolumeBindingMode:     WaitForFirstConsumer
    Events:                <none>
    

    必要に応じて、ユーザーはこのテンプレートに基づいてカスタム StorageClass を作成できます。次の命名要件に注意してください。

  2. 単一の PVC を使用して、複数の Pod レプリカを持つ Deployment を作成します。

    次のような YAML 構成ファイルを作成します。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: apps/v1
    kind: Deployment
    metadata:
      name: web-server-multishare
      labels:
        app: nginx
    spec:
      replicas: 5
      selector:
        matchLabels:
          app: nginx
      template:
        metadata:
          labels:
            app: nginx
        spec:
          containers:
          - name: nginx
            image: nginx
            volumeMounts:
            - mountPath: /usr/share/nginx/html
              name: mypvc
          volumes:
          - name: mypvc
            persistentVolumeClaim:
              claimName: test-pvc-fs
    ---
    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: test-pvc-fs
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteMany
      storageClassName: enterprise-multishare-rwx
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi
    
    EOF
    
  3. Pod のレプリカを確認します。

    a. コマンドラインから次のコマンドを実行して、PVC のステータスを確認します。

      $ kubectl get pvc
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME          STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS               AGE
      test-pvc-fs   Bound    pvc-056d769d-a709-4bb2-b6d3-0361871b27a2   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx  35m
    

    b. コマンドラインから次のコマンドを実行して、Pod のステータスを確認します。

      $ kubectl get pod
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME                                     READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-2dhml   1/1     Running   0          35m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-7mtcb   1/1     Running   0          35m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-csdbd   1/1     Running   0          35m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-rgx82   1/1     Running   0          35m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-zjl27   1/1     Running   0          35m
    
  4. レプリカをスケーリングします。

    a. コマンドラインから Deployment を編集するには、次のコマンドを実行します。

      $ kubectl edit deployment web-server-multishare
    

    b. ファイルがコマンドラインで開きます。spec.replicas フィールドを見つけて、値を 10 に更新します。

    c. コマンドラインから次のコマンドを実行して、適用された変更を確認します。

      $ kubectl get pod
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME                                     READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-2dhml   1/1     Running   0          36m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-5ctkf   1/1     Running   0          3s
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-7mtcb   1/1     Running   0          36m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-8dwmw   1/1     Running   0          2s
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-csdbd   1/1     Running   0          36m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-lndcq   1/1     Running   0          2s
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-rgx82   1/1     Running   0          36m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-vtd6p   1/1     Running   0          3s
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-xm49s   1/1     Running   0          3s
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-zjl27   1/1     Running   0          36m
    

    10 個の Pod が実行されていることに注意してください。

    d. コマンドラインで次のコマンドを実行します。

      $ kubectl get deployment
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME                    READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
      web-server-multishare   10/10   10           10          36m
    

    e. コマンドラインから次のコマンドを実行して、PVC のバインド状態を確認します。

      $ kubectl get pvc
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME          STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS               AGE
      test-pvc-fs   Bound    pvc-056d769d-a709-4bb2-b6d3-0361871b27a2   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx  37m
    

    f. コマンドラインから Deployment を編集するには、次のコマンドを実行します。

      $ kubectl edit deployment web-server-multishare
    

    g. ファイルがコマンドラインで開きます。spec.replicas フィールドを見つけて、値を 2 に更新します。

    h. コマンドラインから次のコマンドを実行して、適用された変更を確認します。

      $ kubectl get pod
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

      NAME                                     READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-2dhml   1/1     Running   0          38m
      web-server-multishare-76c9ffb4b5-7mtcb   1/1     Running   0          38m
    
  5. Statefulset をデプロイする。

    基盤となる Filestore インスタンスを共有する 2 つ目のアプリケーションをデプロイします。

    これを行うために、200 GiB の容量をプロビジョニングし、最初のアプリケーションと同じ基盤となる Filestore インスタンスが使用されていることを確認します。

    次に、アプリケーションを合計 900 GiB を使用して 9 つのレプリカにスケーリングし(それぞれ 100 GiB を使用する 9 つのレプリカ)、インスタンスを共有することで GKE が同じ Filestore インスタンスを使用することを確認します。

    次のような YAML 構成ファイルを作成します。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: apps/v1
    kind: StatefulSet
    metadata:
      name: web
    spec:
      serviceName: "nginx"
      replicas: 2
      selector:
        matchLabels:
          app: nginx
      template:
        metadata:
          labels:
            app: nginx
        spec:
          containers:
          - name: nginx
            image: k8s.gcr.io/nginx-slim:0.8
            ports:
            - containerPort: 80
              name: web
            volumeMounts:
            - name: test-pvc-multishare
              mountPath: /usr/share/nginx/html
      volumeClaimTemplates:
      - metadata:
          name: test-pvc-multishare
        spec:
          accessModes: [ "ReadWriteMany" ]
          storageClassName: enterprise-multishare-rwx
          resources:
            requests:
              storage: 100Gi
    
    EOF
    
    
  6. Statefulset のレプリカとボリュームを確認します。

    コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get pod
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME                                     READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    web-0                                    1/1     Running   0          4m48s
    web-1                                    1/1     Running   0          3m32s
    web-server-multishare-76c9ffb4b5-2dhml   1/1     Running   0          57m
    web-server-multishare-76c9ffb4b5-7mtcb   1/1     Running   0          57m
    

    最初の 2 つの Pod は Statefulset に関連付けられています。最後の 2 つのポッドは Deployment に関連付けられます。

    コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get statefulset
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME   READY   AGE
    web    2/2     2m8s
    

    コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get pvc
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME                        STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS               AGE
    test-pvc-fs                 Bound    pvc-056d769d-a709-4bb2-b6d3-0361871b27a2   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   54m
    test-pvc-multishare-web-0   Bound    pvc-7aa21b5a-5343-4547-b7d7-414c16af15a7   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   114s
    test-pvc-multishare-web-1   Bound    pvc-8b37cd6e-d764-4d38-80d7-d74228536cfe   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   38s
    

    PVC test-pvc-fs は Deployment web-server-multishare に関連付けられます。

    PVC test-pvc-multishare-web-0test-pvc-multishare-web-1 は Statefulset に関連付けられています。

  7. Statefulset レプリカをスケーリングします。

    レプリカ数を 9 に増やします。数が増えると、対応する PVC が作成されます。

    a. コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl  edit statefulset web
    

    b. ファイルがコマンドラインで開きます。spec.replicas フィールドを見つけて、値を 9 に更新します。

    c. コマンドラインから次のコマンドを実行して、適用された変更を確認します。

    $ kubectl get statefulset
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME   READY   AGE
    web    9/9     13m
    

    d. コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get deployment
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME                    READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
    web-server-multishare   2/2     2            2           65m
    

    e. コマンドラインで次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get pvc
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME                        STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS               AGE
    test-pvc-fs                 Bound    pvc-056d769d-a709-4bb2-b6d3-0361871b27a2   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   65m
    test-pvc-multishare-web-0   Bound    pvc-7aa21b5a-5343-4547-b7d7-414c16af15a7   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   13m
    test-pvc-multishare-web-1   Bound    pvc-8b37cd6e-d764-4d38-80d7-d74228536cfe   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   12m
    test-pvc-multishare-web-2   Bound    pvc-3fcbd132-939f-4364-807a-7c8ac6a3e64e   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   5m12s
    test-pvc-multishare-web-3   Bound    pvc-5894afa5-2502-4ee7-9d5c-b7378cb85479   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   4m57s
    test-pvc-multishare-web-4   Bound    pvc-ebbe452b-bc8f-4624-a830-a2094cce0d67   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   4m36s
    test-pvc-multishare-web-5   Bound    pvc-5a73a698-d174-44cb-a3a1-e767966c3417   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   4m20s
    test-pvc-multishare-web-6   Bound    pvc-102da6a9-2ca6-4f9e-9896-8fe14709db7a   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   3m55s
    test-pvc-multishare-web-7   Bound    pvc-160e81cd-c5bf-4ae6-966e-518e8249e02d   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   3m38s
    test-pvc-multishare-web-8   Bound    pvc-9b52d773-2e9a-40de-881c-dc06945ba3d7   100Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   118s
    
  8. Filestore インスタンスの状態を確認する。

    これで、2 つのレプリカポッドを含む Deployment と、9 つのレプリカポッドを含む Statefulset、合計 10 個の PVC(それぞれ 100 GiB)ができました。すべてのボリュームは 1 つの Filestore マルチ共有 インスタンスにまとめられます。

    a. コマンドラインで次の instances list コマンドを実行します。

    $  gcloud beta filestore instances list --project=YOUR_PROJECT_ID --region=REGION
    

    ここで

    次のようなレスポンスが表示されます。

    INSTANCE_NAME                            LOCATION     TIER        CAPACITY_GB  FILE_SHARE_NAME  IP_ADDRESS   STATE  CREATE_TIME
    fs-a767cef8-738e-4c8e-b70b-09cbb872d016  us-central1  ENTERPRISE  1024         N/A              10.192.53.2  READY  2022-06-21T21:15:30
    

    b. コマンドラインで次の instances describe コマンドを実行します。

    $ gcloud filestore instances describe fs-a767cef8-738e-4c8e-b70b-09cbb872d016 --project=YOUR_PROJECT_ID --region=REGION
    capacityGb: '1024'
    capacityStepSizeGb: '256'
    createTime: '2022-06-21T21:15:30.464237089Z'
    labels:
      storage_gke_io_created-by: filestore_csi_storage_gke_io
      storage_gke_io_storage-class-id: enterprise-multishare-rwx
    maxCapacityGb: '10240'
    maxShareCount: '10'
    multiShareEnabled: true
    name: projects/YOUR_PROJECT_ID/locations/REGION/instances/fs-a767cef8-738e-4c8e-b70b-09cbb872d016
    networks:
    - connectMode: DIRECT_PEERING
      ipAddresses:
      - 10.192.53.2
      modes:
      - MODE_IPV4
      network: csi-filestore-test-network
      reservedIpRange: 10.192.53.0/26
    state: READY
    tier: ENTERPRISE
    
    

    ここで

PVC を展開して Filestore インスタンスを確認する

このセクションでは、既存の PVC を拡張し、Filestore インスタンスのサイズを確認する方法について説明します。

  1. PVC を展開します。

    PVC は、Filestore マルチ共有インスタンスの共有に基づいてバックアップされ、最大サイズの 1 TiB まで拡大できます。これを確認するには、Pod が使用している間に Statefulset に関連付けられたボリュームの 1 つを展開します。

    コマンドラインからレプリカ 0 の現在の PVC サイズを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get pvc test-pvc-multishare-web-0 -o json
    {
        "apiVersion": "v1",
        "kind": "PersistentVolumeClaim",
        "metadata": {
            "annotations": {
                "pv.kubernetes.io/bind-completed": "yes",
                "pv.kubernetes.io/bound-by-controller": "yes",
                "volume.beta.kubernetes.io/storage-provisioner": "filestore.csi.storage.gke.io",
                "volume.kubernetes.io/storage-provisioner": "filestore.csi.storage.gke.io"
            },
            "creationTimestamp": "2022-06-21T22:07:42Z",
            "finalizers": [
                "kubernetes.io/pvc-protection"
            ],
            "labels": {
                "app": "nginx"
            },
            "name": "test-pvc-multishare-web-0",
            "namespace": "default",
            "resourceVersion": "48395",
            "uid": "7aa21b5a-5343-4547-b7d7-414c16af15a7"
        },
        "spec": {
            "accessModes": [
                "ReadWriteMany"
            ],
            "resources": {
                "requests": {
                    "storage": "100Gi"
                }
            },
            "storageClassName": "enterprise-multishare-rwx",
            "volumeMode": "Filesystem",
            "volumeName": "pvc-7aa21b5a-5343-4547-b7d7-414c16af15a7"
        },
        "status": {
            "accessModes": [
                "ReadWriteMany"
            ],
            "capacity": {
                "storage": "100Gi"
            },
            "phase": "Bound"
        }
    }
    
    
  2. コマンドラインから次のコマンドを実行して、サイズを 500 GiB に増やします。

    $ kubectl edit pvc test-pvc-multishare-web-0
    
    
  3. ファイルがコマンドラインで開きます。spec.resources.requests.storage フィールドを見つけて、値を 500Gi に更新します。

  4. コマンドラインから次のコマンドを実行して、適用された変更を確認します。

    $ kubectl get pvc test-pvc-multishare-web-0
    

    次のようなレスポンスが表示されます。

    NAME                        STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS               AGE
    test-pvc-multishare-web-0   Bound    pvc-7aa21b5a-5343-4547-b7d7-414c16af15a7   500Gi      RWX            enterprise-multishare-rwx   28m
    

    Filestore CSI ドライバは、まずリクエストを受け入れ、基盤となる Filestore インスタンスを展開してから、PVC をサポートする共有を拡張します。

    具体的には、Filestore CSI ドライバは、自動的に 500Gi の新しい共有サイズに対応するために 1536 Gi にインスタンスを拡張しました。

  5. コマンドラインから次の instances describe コマンドを実行して、Filestore インスタンスの容量を確認します。

    $ gcloud filestore instances describe fs-a767cef8-738e-4c8e-b70b-09cbb872d016 --project=YOUR_PROJECT_ID --region=REGION
    capacityGb: '1536'
    capacityStepSizeGb: '256'
    createTime: '2022-06-21T21:15:30.464237089Z'
    labels:
      storage_gke_io_created-by: filestore_csi_storage_gke_io
      storage_gke_io_storage-class-id: enterprise-multishare-rwx
    maxCapacityGb: '10240'
    maxShareCount: '10'
    multiShareEnabled: true
    name: projects/YOUR_PROJECT_ID/locations/us-central1/instances/fs-a767cef8-738e-4c8e-b70b-09cbb872d016
    networks:
    - connectMode: DIRECT_PEERING
      ipAddresses:
      - 10.192.53.2
      modes:
      - MODE_IPV4
      network: csi-filestore-test-network
      reservedIpRange: 10.192.53.0/26
    state: READY
    tier: ENTERPRISE
    

    ここで

共有 VPC での動的プロビジョニング

GKE 用の Filestore CSI ドライバは、共有 VPC でサービス プロジェクトのボリュームの動的プロビジョニングをサポートしています。次のセクションでは、Filestore CSI ドライバを使用して、共有 VPC ネットワークのサービス プロジェクトの Filestore マルチ共有 インスタンスのボリュームを動的にプロビジョニングする方法を説明します。

  1. 共有 VPC ネットワークとプライベート サービス アクセスの設定手順を完了します。

  2. 共有 VPC 上の Filestore Multishares インスタンスに基づくボリュームを動的にプロビジョニングする StorageClass を作成する。

    次のコマンドを実行して、StorageClass リソースをデプロイします。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: csi-filestore-multishare-sharedvpc
    provisioner: filestore.csi.storage.gke.io
    parameters:
      network: "projects/HOST_PROJECT_ID/global/networks/SHARED_VPC_NAME"
      connect-mode: PRIVATE_SERVICE_ACCESS
      tier: enterprise
      multishare: "true"
    allowVolumeExpansion: true
    
    EOF
    

    ここで

    予約済みの IP アドレス範囲内にリソースをデプロイする場合は、コマンドで使用するパラメータに次の行を追加します。

    reserved-ip-range: RESERVED_NAME
    

    ここで、RESERVED_NAME は Filestore インスタンスをプロビジョニングできる予約済み IP アドレス範囲の名前です。たとえば、filestore-reserved-ip-range のようにします。予約済み IP 範囲を指定する場合は、直接 CIDR 値ではなく名前付きアドレス範囲を指定する必要があります。

    詳細については、IP アドレス範囲の割り当てまたは予約済み IP アドレス範囲の構成をご覧ください。Google Cloud Console を使用して予約済みの名前を作成する方法の例については、IP 割り当ての作成をご覧ください。

  3. Deployment を作成します。

    次のコマンドを実行して、Deployment リソースを作成します。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: apps/v1
    kind: Deployment
    metadata:
      name: web-server-multishare
      labels:
        app: nginx
    spec:
      replicas: 5
      selector:
        matchLabels:
          app: nginx
      template:
        metadata:
          labels:
            app: nginx
        spec:
          containers:
          - name: nginx
            image: nginx
            volumeMounts:
            - mountPath: /usr/share/nginx/html
              name: mypvc
          volumes:
          - name: mypvc
            persistentVolumeClaim:
              claimName: test-pvc-fs-sharedvpc
    ---
    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: test-pvc-fs-sharedvpc
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteMany
      storageClassName: csi-filestore-multishare-sharedvpc
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi
    
    EOF
    
    

CMEK を有効化した Filestore インスタンス

CMEK を有効化した Filestore マルチホスト インスタンスでホストされている GKE ボリュームを作成できます。このセクションでは、Filestore インスタンスの顧客管理の暗号鍵(CMEK)の設定方法について説明します。

顧客管理の暗号鍵は StorageClass で指定できます。Filestore CSI ドライバによって動的に作成され、この StorageClass を参照するインスタンスでは、CMEK が有効になります。

  1. CMEK を有効化した StorageClass を作成します。

    a. 次のコマンドを実行します。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: csi-filestore-multishare-cmek
    provisioner: filestore.csi.storage.gke.io
    parameters:
      tier: enterprise
      multishare: "true"
      instance-encryption-kms-key: projects/KEY_PROJECT_ID/locations/REGION/keyRings/RING_NAME/cryptoKeys/KEY_NAME
    
    allowVolumeExpansion: true
    
    EOF
    

    ここで

    • KEY_PROJECT_ID は、鍵が存在するプロジェクトの名前です。例: my-key-project

    • REGION は、使用するリージョンの名前です。例: us-central1

    • RING_NAME: キーリング名。例: my-key-ring-name

    • KEY_NAME: キー名。例: my-key-name

  2. Deployment を作成します。

    b. 次のコマンドを実行して、Deployment リソースを作成します。

    cat <<EOF | kubectl apply -f -
    
    apiVersion: apps/v1
    kind: Deployment
    metadata:
      name: web-server-multishare
      labels:
        app: nginx
    spec:
      replicas: 5
      selector:
        matchLabels:
          app: nginx
      template:
        metadata:
          labels:
            app: nginx
        spec:
          containers:
          - name: nginx
            image: nginx
            volumeMounts:
            - mountPath: /usr/share/nginx/html
              name: mypvc
          volumes:
          - name: mypvc
            persistentVolumeClaim:
              claimName: test-pvc-fs-cmek
    ---
    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: test-pvc-fs-cmek
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteMany
      storageClassName: csi-filestore-multishare-cmek
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi
    
    EOF
    
    

PVC を Filestore インスタンスにマッピングする

このセクションでは、PVC を Filestore インスタンスにマッピングする方法について説明します。

Filestore マルチ共有インスタンスでは、各 PVC が Filestore CSI ドライバによって Filestore インスタンスでホストされます。ボリュームをホストする基盤となる Filestore インスタンスと、Kubernetes ボリュームを表す共有が、永続ボリュームの仕様の volumeHandle フィールドに取得されます。ボリューム ハンドルの形式は次のとおりです。

   modeMultishare/<storageclass-prefix>/<project>/<region>/<filestore-instance-name>/<filestore-share-name>

PVC、PV、Filestore インスタンス、Filestore 共有の間のマッピングをすばやく見つけるには、次の kubectl コマンドを使用します。

コマンドラインで次のコマンドを実行します。

   $ kubectl get pv -o jsonpath='{range .items[*]}{"pv="}{.metadata.name}{",pvc="}{.spec.claimRef.name}{",volumeHandle="}{.spec.csi.volumeHandle}{"\n"}{end}'

次のようなレスポンスが表示されます。

   pv=pvc-67ad9abd-f25e-4130-b7ca-64d28bd29525,pvc=test-pvc-multishare,volumeHandle=modeMultishare/csi-filestore-multishare-sharedvpc/YOUR_PROJECT_ID/us-central1/fs-2109f680-3f04-4ada-b4bc-2a1c7fc47b88/pvc_67ad9abd_f25e_4130_b7ca_64d28bd29525

   pv=pvc-c80f4de0-9916-4957-b8ae-b21206650ac0,pvc=test-pvc-fs-sharedvpc,volumeHandle=modeMultishare/csi-filestore-multishare-sharedvpc/YOUR_PROJECT_ID/us-central1/fs-2109f680-3f04-4ada-b4bc-2a1c7fc47b88/pvc_c80f4de0_9916_4957_b8ae_b21206650ac0

ここで

クラスタ内の 2 つの永続ボリュームが 1 つの Filestore インスタンスでホストされています。

次のステップ