リージョン化されたログで Error Reporting を使用する

Error Reporting は、Cloud Logging を基に構築されたグローバル サービスです。ログで見つかったエラーをカウント、分析、集計するために、Error Reporting はログ メッセージのサンプルを含むメタデータを独自のグローバル データベースに保存します。結果として、送信元と宛先の Google Cloud プロジェクトが同じ global リージョンにある Cloud Logging バケットに保存されているログのみを分析できます。

ログを別の Cloud プロジェクトまたはリージョン バケットにルーティングしている場合、Error Reporting はそれらのログのキャプチャと分析を行いません。

Error Reporting でログを分析できるかどうかを確認する

Error Reporting でログを分析できるかどうかを確認するには、ソースとデスティネーションの Cloud プロジェクトが同じである global リージョンのバケットにログを保存していることを確認してください。

次のコマンドを実行して、構成したシンクのリストを表示します。

gcloud logging sinks list

このコマンドでは、次のような出力が返されます。

NAME               DESTINATION                                                                                                FILTER
_Default           logging.googleapis.com/projects/my-team-project/locations/global/buckets/_Default                          NOT LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/activity") AND NOT LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/activity") AND NOT LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/system_event") AND NOT LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/system_event") AND NOT LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/access_transparency") AND NOT LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/access_transparency")
_Required          logging.googleapis.com/projects/my-team-project/locations/global/buckets/_Required                         LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/activity") OR LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/activity") OR LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/system_event") OR LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/system_event") OR LOG_ID("cloudaudit.googleapis.com/access_transparency") OR LOG_ID("externalaudit.googleapis.com/access_transparency")
logs-from-samples  logging.googleapis.com/projects/my-team-project/locations/global/buckets/sample-bucket                     (empty filter)
regional_logs      logging.googleapis.com/projects/my-team-project/locations/europe-west1/buckets/bucket_for_regional_logs    (empty filter)
test-logs          logging.googleapis.com/projects/team-b-project/locations/global/buckets/test-bucket                        (empty filter)

この例で、ログのソース Google Cloud プロジェクトは my-team-project です。結果として次のようになります。

  • Error Reporting は、同じプロジェクト内の global リージョン内のバケットにログをルーティングするため、_Default_Requiredlogs-from-samples の各シンクによってルーティングされるログを分析できます。
  • Error Reporting は、europe-west1 リージョン内のリージョン バケットにログをルーティングするため、regional_logs シンクによってルーティングされるログを分析できません。
  • Error Reporting は、ソース プロジェクトとは異なるプロジェクト(team-b-project)にログをルーティングするため、test-logs シンクによってルーティングされるログを分析できません。