料金と割り当て

Google Cloud Endpoints は 2017 年 2 月 28 日まで無料で利用できます。 2017 年 3 月 1 日から次の料金が適用されます。

各請求先アカウントの 1 か月あたりの API 呼び出し回数 API 呼び出し回数 100 万回あたりの費用
0~200 万回 $0.00
200 万回を超過した場合 $3.00

Cloud Endpoints は、Google Service Control の呼び出しを介して課金します。Extensible Service Proxy や Endpoints Frameworks によって処理される各 API 呼び出しは、Service Control API を通じて Tracked Operation としてレポートされます。この費用は、請求書の「Service Control」の項目で確認できます。

割り当て

このセクションでは、Google Service Control の割り当て上限について説明します。割り当て上限を増やすには、Service Control API 割り当てリクエストを送信してください。

リクエスト頻度の上限

デフォルトでは、1 つのサービス プロデューサー プロジェクトに対して 100 秒あたり 400,000 の割り当てユニットという上限が設定されています。services.check の呼び出しや、services.report を介してレポートされるオペレーションごとに、割り当てユニットが 1 つ消費されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。