データセンター プロフェッショナルのための Google Cloud Platform: コンピューティング

ここでは、Google Cloud Platform のコンピューティング サービスについて説明します。また、従来のデータセンター テクノロジーとの相違についても説明します。この記事では、Cloud Platform の Infrastructure as a Service(IaaS)プロダクトである Google Compute Engine に焦点を当てます。

サービスモデルの比較

通常、データセンターではサーバー仮想化が使用され、複数の仮想 Unix/Linux または Windows サーバーを単一の物理マシンで実行できます。そのような仮想マシンは、VMware vSphere や XenCenter などのソフトウェア スイートによって作成、プロビジョニング、および管理されます。

Compute Engine でもこのモデルが使用されており、サーバー仮想化と、関連する管理ツールが統合スイートに組み合わされています。Compute Engine では、仮想マシンは仮想マシン(VM)インスタンスと呼ばれます。これらのインスタンスは、以下のように、いくつかの方法で作成および管理できます。

管理

Compute Engine により、仮想マシンの管理に関連する管理オーバーヘッドが大幅に削減されます。物理サーバー、ネットワーク、またはストレージ容量のプロビジョニングに関して心配する必要はありません。また、物理ネットワークのセットアップや構成についても懸念する必要はありません。ソフトウェアの側面では、仮想ハイパーバイザ ソフトウェア、サーバー ファームウェア、および関連ツールの自動アップデートの処理や、物理マシンのメンテナンス中の仮想マシンの移行など、仮想管理ツールのインストールやアップデートに関して心配する必要はありません。これらのタスクはすべて、Google によって、バックグラウンドでシームレスに処理されます。

キャパシティ プランニングとリソースのプロビジョニング

従来のデータセンターでは、通常、四半期ごとに、現在のリソース要件を検討し、将来のリソース要件を予測します。ラックスペース、冷却、電力、帯域幅、配線、調達時間、出荷時間、およびエンジニアの調達など、物理的、物流的、および人的資産に関連する問題を検討し、実際に新しい機器をラックに積み重ねる必要があります。その他に、容量とワークロードの分散を積極的に管理して、Hadoop パイプラインなど、リソースを大量に使用するジョブにより、ウェブサーバーなどの高い可用性を実現する必要のあるサービスが妨げられないようにする必要があります。

一方、Compute Engine を使用すると、多数の容量計画を Google に任せることができます。必要に応じて、VM インスタンスをスケールアップおよびスケールダウンできます。支払いは秒単位の従量制であるため、不要な追加容量に対して支払う必要はなく、トラフィックのピーク時にのみ、必要な容量に対して支払うことで、無駄な費用を省けます。費用を節約するために、GCP Console では、サイズ変更や削除することができるインスタンスの中に、十分に活用されていないインスタンスがあることが検出されると、ユーザーへの通知も行われます。

また、インスタンスを作成すると、そのインスタンスに指定された RAM や CPU がユーザーに割り当てられます。インスタンスの物理ホストマシンで、追加のリソースを使用しているそのほかのインスタンスやサービスにより、パフォーマンスが低下することはありません。

Cloud Platform では、「割り当て」を管理する必要があります。割り当てにより、Cloud Platform で使用できるリソースの数が指定されます。GCP Console で追加割り当ての確認と要求を簡単に行えます。Cloud Platform の API を使用しているときに、割り当ての上限に到達するのを回避するために、特に大幅な増加が予想されるときは、事前に追加割り当てを積極的にリクエストしてください。費用を管理したり、ユーザーやプロセスによって使用されるリソースが多くなりすぎないように制限したりするために、割り当ての削減をリクエストすることもできます。

毎月の稼働保証

Compute Engine では、特定の制限付きで、毎月の稼働率 99.95% 以上を提供するサービスレベル契約(SLA)が提供されています。詳細については、Google Compute Engine SLA をご覧ください。

機能の比較

基本的な構成と管理

Compute Engine は、VMware ESXi、KVM、および Xen などの一般的なハイパーバイザ サービスと同等の基本機能と柔軟性を持っています。これらのサービスにより、以下を行えます。

マシンイメージ

その他の仮想マシンと同様に、Compute Engine VM インスタンスはディスク イメージからインスタンス化します。Compute Engine では、さまざまは手法がサポートされています。

アクセスと権限

SSH、RDP、またはシリアルポートを使用して、Compute Engine インスタンスに接続できます。GCP Console にはブラウザベースの SSH 端末が用意され、gcloud コマンドライン ツールを使用して、選択した端末から接続を確立できます。インスタンスに対して静的外部 IP を有効にすると、Windows Remote Desktop や ssh などの従来型ツールも使用できるようになります。

VM インスタンスは、サービス アカウントを使用して Cloud Platform リソースに接続できます。サービス アカウントは、アプリケーションがプログラムにより Google サービスにアクセスするために使用できる特別な Google アカウントです。このアカウントは、個々のエンドユーザーではなく、アプリケーションや VM インスタンスに属しています。アプリケーションはサービス アカウントを使用して、サービスの API を呼び出すため、ユーザーが直接関与する必要はありません。

Cloud Platform には、フェデレーション ID 管理と詳細なアクセス管理用の Google Cloud IAM が用意されています。Compute Engine に関する Cloud IAM の詳細については、Identity and Access Management の役割をご覧ください。Cloud Platform での ID 管理に関するより一般的な説明については、管理の記事をご覧ください。

マシンのプロビジョニング

VM インスタンス、ディスク、ネットワーキング、および Cloud Platform プロジェクト内のほぼすべてのその他のリソースなど、コンピューティング リソースのプロビジョニングと構成を、Google Cloud Deployment Manager で宣言的に管理できます。Deployment Manager を使用して、簡単なデータ マークアップでデプロイメントをカスタマイズおよび自動化できます。VM インスタンス内での構成管理と自動化を行うために、Chef、Puppet、Packer、または Vagrant など、すでに使用しているものと同じツールを使用できます。

Cloud Platform でのリソース プロビジョニングに関するより詳細な説明については、管理の記事をご覧ください。

プリエンプティブ リソース

プリエンプトし、別のホストで継続できるタスクに関して、Cloud Platform はプリエンプティブ VM を提供しています。プリエンプティブ VM は通常の VM とよく似ていますが、プリエンプトできます。つまり、24 時間を超えて実行することはできず、Google は他の目的に容量が必要な場合、VM を早期にプリエンプトできます。プリエンプティブ VM は、選択したインスタンスのタイプに応じて、標準の VM インスタンスよりも、最大で 80% 費用が安くなります。

ストレージ

Compute Engine VM インスタンスでは、ブートディスクとストレージ ディスクのボリューム用に、永続ディスク、または仮想化されたブロック ストレージが使用されます。永続ディスクは標準(HDD)および SSD ボリューム タイプに付属し、VM マシンのタイプに応じて、最大で 128 台の永続ディスクを動的にプロビジョニングできます。Compute Engine 永続ディスクの詳細については、ストレージの記事をご覧ください。

ネットワーキング

Compute Engine ではソフトウェア定義のネットワーキングが提供されており、これを使用して、ソフトウェア レベルで Compute Engine 上にプライベートおよびパブリック ネットワークを構成できます。Cloud Platform ネットワーキングと従来のデータセンター ネットワーキングの比較については、ネットワーキングの記事をご覧ください。

移行とリカバリ

デフォルトで、Compute Engine ではライブ マイグレーションが有効になっています。これにより、物理的ハードウェアでメンテナンスが必要なときに、インスタンスは自動的かつシームレスに移行されます。

標準のハイパーバイザ スイートと同様に、Compute Engine でも VM インスタンスのライブ スナップショットを作成できます。これらのスナップショットを使用して、ゾーン内で新しいインスタンスを作成したり、インスタンスを別のゾーンに移動したりすることができます。

Compute Engine VM インスタンスが、基盤となる物理ホストの問題により終了した場合、そのインスタンスは同じゾーン内の別のホスト上で自動的に回復されます。自動再起動をオフにして、マシンを停止状態のままにすることもできます。

料金

価格の詳細については、Compute Engine の料金をご覧ください。

次のステップ

次へ: Cloud Platform 上のストレージ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

データセンター プロフェッショナルのための Google Cloud Platform