Dialogflow の料金

Dialogflow の料金は、エディションおよびその月に行われたリクエストに基づいて、月単位で請求されます。

Dialogflow CX 無料トライアル

新規のお客様には、Dialogflow CX の無料トライアルとして $600 分のクレジットが提供されます。このクレジットは、Dialogflow CX を初めて使用する際に自動的に有効になり、12 か月後に有効期限が切れます。これは、Google Cloud 無料トライアルの Dialogflow 固有の拡張機能です。

料金表

料金と割り当ての説明にあたっては以下の用語を使用します。

  • リクエスト: リクエストとは、Dialogflow サービスへの呼び出しと定義されます。API を使った直接的な呼び出しか、統合やコンソールを使った間接的な呼び出しかは問いません。エージェントのタスクとデザインに応じて、エンドユーザーが Dialogflow エージェントでタスクを達成するために必要なリクエスト数は、大幅に異なります。
  • セッション: セッションは、Dialogflow エージェントとエンドユーザーとの間の会話を表します。セッションはアクティブのままで、そのセッションへの最後のリクエストの送信から 30 分間、データが保存されます。 セッションは、チャット セッションまたはボイス セッションのいずれかです。価格と割り当ての計算においては、1 回の会話が複数のセッションとしてカウントされる場合があります。
    • チャット セッション: チャット セッションでは、リクエストとレスポンスに対してテキストのみが使用されます。チャット セッションに 40 を超えるリクエストがある場合、複数のセッション(1 セッションあたり最大 40 リクエスト)としてカウントされます。たとえば、セッションに 81 クエリある場合は、3 つのセッションとしてカウントされます。
    • ボイス セッション: ボイス セッションでは、リクエスト、レスポンス、あるいはその両方に対して音声が使用されます。ボイス セッションに 10 分を超える音声が含まれる場合、複数のセッション(1 セッションあたり最大 10 分)としてカウントされます。たとえば、セッションに 21 分の音声がある場合は、3 つのセッションとしてカウントされます。
  • コンシューマ プロジェクトとリソース プロジェクト: 複数のプロジェクトを使用している場合、リクエスト認証に関連付けられたプロジェクト(コンシューマ プロジェクト)とリクエスト内のエージェントに関連付けられたプロジェクト(リソース プロジェクト)が異なる可能性があります。この場合、料金と割り当ての決定にはコンシューマ プロジェクトが使用されます。 詳細については、ES に複数のプロジェクトを使用するまたは CX に複数のプロジェクトを使用するをご覧ください。

次の表に、エージェント タイプ別のエディションの料金比較を示します。リクエストによって使用される機能については、別の機能に含まれると表中に記されたものを除いてすべて料金に計上されます。

Dialogflow CX の新しい料金(2021-09)は、2021 年 9 月 1 日から適用されます。それまでは、通常価格(2020-09)が適用されます。 元の価格に基づいて Google Cloud の既存の契約を用意している場合は、契約を更新するまで継続して使用できます。ご不明な点や次のステップについては、Google Cloud アカウント チームにお問い合わせください。

CX エージェント(2021-09)

機能 CX Edition
テキスト 1 リクエストあたり $0.007
音声入出力
(音声認識、音声入力、STT、音声合成、テキスト読み上げ、TTS、電話通信)
$0.06/分 *
設計時のリクエスト
たとえば、エージェントの構築や更新のための呼び出しなど。これには、Dialogflow コンソールのシミュレータから送信されたテキストとオーディオ ランタイム リクエストも含まれます。
無料
その他セッションのリクエスト
たとえば、セッション エンティティの設定など。
無料

CX エージェント(2020-09)

機能 CX Edition
テキスト 100 チャット セッションあたり $20
音声入出力
(音声認識、音声入力、STT、音声合成、テキスト読み上げ、TTS、電話通信)
100 ボイス セッションあたり $45
設計時のリクエスト
たとえば、エージェントの構築や更新のための呼び出しなど。これには、Dialogflow コンソールのシミュレータから送信されたテキストとオーディオ ランタイム リクエストも含まれます。
無料
その他セッションのリクエスト
たとえば、セッション エンティティの設定など。
無料

ES エージェント

機能 Trial Edition Essentials Edition
テキスト 無料 * ¶ 1 リクエストあたり $0.002 ¶
音声入力
(音声認識、音声文字変換、STT とも呼ばれる)
無料 * 音声 15 秒あたり $0.0065 †
音声出力
(音声合成、テキスト読み上げ、TTS とも呼ばれる)
無料 * 標準音声:
100 万文字あたり $4

WaveNet 音声:
100 万文字あたり $16
ナレッジ コネクタ(ベータ版) 無料 * 無料
感情分析 利用不可 0~100 万件のリクエスト:
リクエスト 1,000 件あたり $1.00

100 万~500 万件のリクエスト:
リクエスト 1,000 件あたり $0.50

500 万~2,000 万件のリクエスト:
リクエスト 1,000 件あたり $0.25
Dialogflow Phone Gateway(ベータ版)
音声入出力を含む
通常電話:
無料 *

フリーダイヤル:
ご利用いただけません
通常電話:
処理される通話 1 分あたり $0.05 ‡

フリーダイヤル:
処理される通話 1 分あたり $0.06 ‡
メガ エージェント 無料 * 2,000 インテント以下:
リクエスト 1 件あたり $0.002 §

2,000 インテント超:
リクエスト 1 件あたり $0.006 §
設計時のリクエスト
たとえば、エージェントの構築や更新のための呼び出しなど。これには、Dialogflow コンソールのシミュレータから送信されたテキストとオーディオ ランタイム リクエストも含まれます。
無料 無料
その他のセッション リクエスト
たとえば、セッション エンティティの設定やコンテキストの更新とクエリなど。
無料 無料
Agent Assist の会話のその他のオペレーション
会話と参加者を管理するすべてのリクエストが含まれます。
利用不可 無料
Agent Assist のテキスト / 音声分析オペレーション
会話ステージのすべてのテキストまたは音声の AnalyzeContent または StreamingAnalyzeContent リクエストが含まれます。

利用不可 上記のベースとなる Dialogflow オペレーションに従って課金されます

Google Cloud Platform の費用

他の Google Cloud Platform リソース(Google App Engine インスタンスなど)を Dialogflow と併用する場合は、そのサービスの利用料も請求の対象となります。現行料金に基づいてその他の費用を試算するには、Google Cloud Platform の料金計算ツールをご利用ください。

Cloud Console で現在の課金ステータス(使用状況や現在の請求額を含む)を確認するには、[お支払い] ページをご覧ください。アカウントの管理について詳しくは、Cloud Billing のドキュメントまたは課金と支払いのサポートをご覧ください。

次のステップ