構成の概要

構成ではデプロイの構造を定義します。たとえば、デプロイに含まれるリソースのタイプとプロパティ、構成で使用するテンプレート、最終構成の作成で実行可能な追加のサブファイルなどを定義します。デプロイを作成する場合、常に構成を指定する必要があります。

構成では、Google Cloud Platform の異なるサービスのリソースを 1 つの構成ファイルに定義できます。たとえば、次のようなリソースを定義します。

すべてのリソースの一覧については、サポートされるリソースタイプの表をご覧ください。または、Types コレクションに対する list() リクエストを使用します。

構成言語

構成ファイルは YAML 構文で記述します。構成ファイルの作成方法については、構成を作成するをご覧ください。

テンプレート言語

構成には 1 つ以上のテンプレート ファイルをインポートできます。Deployment Manager は、これらのテンプレートをデプロイ時に展開し、最終構成を作成します。テンプレートは、Jinja または Python のいずれかで記述します。テンプレートは混在や比較が可能です。1 つの構成に Jinja と Python の両方のテンプレートをインポートできます。テンプレート ファイルはローカルに存在する場合も、サードパーティ URL にホスティングされている場合もあります。

テンプレートを使用すると、機能を追加できます。たとえば、環境変数の使用、カスタム変数の定義、Python ライブラリの使用などの機能を追加できます。

テンプレートの詳細については、基本テンプレートの作成をご覧ください。

構成の制限

構成はすべて、Deployment Manager が維持する制御環境内のサーバー側で展開されます。不正利用を防ぐため、この環境は Deployment Manager チームが管理し、いくつかの制限を設定しています。

  • 元の構成も展開後の構成も 10 MB を超えることはできません。
  • Deployment Manager にアップロードされた構成は、展開時に実行可能な時間と展開時に消費される処理能力に制約があります。この制限に達した場合には、Deployment Manager に問い合わせて詳細を確認してください。
  • Python テンプレートでは、システムまたはネットワークの呼び出しを実行できません。このようなテンプレートは自動的に拒否されます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Deployment Manager のドキュメント