Anthos 向け Dell EMC VxFlex の発表

Dell EMC VxFlex と Google Cloud Anthos を使用すると、オンプレミスの Kubernetes を高速でデプロイできます。詳しくは、こちらをご覧ください。

Dell Technologies と Google Cloud

Dell Technologies の優れたインフラストラクチャと Google Cloud を組み合わせることで、企業の IT デジタル変革を実現できます。

Dell Technologies と Google Cloud

Dell と Google Cloud でビジネスを変革

Dell と Google Cloud の提携により、企業が事業運営を変革するためのさまざまなソリューションを提供します。

この提携がもたらすメリット:

フルマネージド ストレージ

クラウドで利用できる企業向けフルマネージド ストレージ ソリューションにより、管理を簡素化し、手持ちのデータから多くの価値を引き出して、要求の厳しいワークロードに対応できます。

オンプレミスのモダナイゼーション

Dell は実績のある Anthos 向けハードウェア プロバイダです。 Dell EMC HCI のお客様は、このオンプレミス ソリューションを活用することで、Dell のハードウェア、サービス、サポートの利用を中断することなく、クラウドへの移行またはクラウドからの移行をシームレスに実施できます。

データ保護

Data Domain Virtual Edition(DD VE)は Google Cloud 上で動作します。したがって、お客様は Dell が提供する業界屈指のデータ保護サービスを利用して、Google Cloud 環境でデータをバックアップおよびレプリケートできます。

Isilon Cloud OneFS

エンタープライズ クラス

エンタープライズ クラスのスケールアウト ファイル ストレージ

ファイルベースのアプリケーションをクラウドに移行し、オンデマンド コンピューティングのメリットを活用することで、データセンターへの投資にかかるコストと手間をかけずに必要なパフォーマンスを達成できます。

業務の効率化

業務の効率化

さまざまな場所に存在するデータの管理を簡素化し、ストレージとバックアップをスケールできます。料金は使用した分しかかかりません。フルマネージドの NoOps により、お客様は本来の業務に専念できます。

価値を引き出す

非構造化データから価値を引き出す

Cloud AI を使用すると、非構造化データからより多くの価値を引き出し、データに基づいてより速やかに意思決定を行えるようになります。

Dell EMC HCI 上の Anthos

開発とデプロイ

一度開発したらどこでもデプロイ可能

Anthos のサービス メッシュ レイヤを通じて、企業が一貫性のある管理とポリシー、堅牢なエンタープライズ サービスを活用し、モダナイゼーションを進めながらアプリをコンテナ化することが可能になります。

移行が簡単

クラウドまたはハイブリッドへの移行が簡単

クラウドへの移行とクラウドからの移行において、オンプレミスのモダナイゼーションに Anthos を利用するという選択肢が加わりました。移行中も、組織は信頼できる Dell EMC HCI インフラストラクチャを引き続き利用できます。Dell EMC HCI で Anthos を利用すれば、お客様はご自分のペースでクラウドに移行できます。移行に際しては、マルチクラウド環境と Dell 環境全体で一貫した管理機能とオーケストレーション機能が提供されます。

データ保護ソリューション

Data Domain Virtual Edition

Data Domain Virtual Edition

Google Cloud 向けの Data Domain Virtual Edition(DD VE)を使用すると、Google Cloud で運用するアプリケーションのデータ保護と障害復旧が可能になります。オンプレミスの Data Domain アプライアンスにデータを移動してクラウドにバックアップすることや、オンプレミスと Google Cloud に配置した 2 つの DD VE インスタンス間でデータをレプリケートすることが可能なので、リージョンと環境全体で一貫性を確保できます。

Data Domain Cloud Tier

Data Domain Cloud Tier

Google Cloud 向けの Data Domain Cloud Tier は、Google Cloud とネイティブに連携して、データを長期保存します。一意のデータのみが Data Domain からクラウドに直接送信され、重複排除済みのクラウド オブジェクト ストレージにデータが格納されるため、ストレージ フットプリントが大幅に削減され、費用対効果が高いクラウドへの長期保存が可能になります。