API Explorer クイックスタート - クラスタの作成

このページでは、インラインの Google API Explorer テンプレートを使用して Dataproc API を呼び出し、Dataproc クラスタを作成する方法について説明します。

他の方法でクラスタを作成するには、次に挙げるページをご覧ください。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Dataproc API を有効にします。

    API を有効にする

クラスタの作成

Dataproc ジョブを実行する前に、ジョブを実行する仮想マシンのクラスタを作成する必要があります。プロジェクトに Dataproc クラスタを作成するには、Google API Explorer の [Try this API] テンプレートに入力して実行します。

  1. リクエストのパラメータ:

    1. プロジェクト ID を挿入します。
    2. 実際のクラスタが配置されている [region] を指定します(「us-central1」を必要に応じて置き換えます)。このクイックスタートでは、リージョン内のゾーンを指定していないため、Dataproc 自動ゾーン プレースメントによって、クラスタを作成するリージョン内のゾーンが選択されます。
  2. リクエストの本文:

    1. [clusterName] を指定します(「example-cluster」を必要に応じて置き換えます)。ジョブの送信クラスタの更新など、クラスタの操作にはこの名前を使用します。
  3. [実行] をクリックします。API テンプレートを初めて実行する場合、Google アカウントを選択してログインし、Google API Explorer からアカウントへのアクセスを承認するよう求められます。リクエストが成功すると、JSON のレスポンスで、クラスタの作成が保留中であることが示されます。

  4. クラスタが作成されたことを確認するには、Cloud Console で [Dataproc クラスタ] ページを開きます。クラスタのプロビジョニングが完了すると、クラスタの [ステータス] には「実行中」と表示されます。

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. 他のクイックスタートの確認や、他のジョブを実行するためのクラスタが必要ない場合は、API ExplorerGoogle Cloud Console、Cloud SDK の gcloud コマンドライン ツール、または Cloud クライアント ライブラリを使用したクイックスタートを使用してクラスタを削除できます。

次のステップ