クイックスタート: Datalab VM インスタンスを設定する

Datalab VM インスタンスを設定する

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Compute Engine and Cloud Source Repositories API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Google Cloud CLI をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  8. Google Compute Engine and Cloud Source Repositories API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Google Cloud CLI をインストールして初期化します。

Cloud Datalab を設定して開く手順

ローカルマシンのターミナル ウィンドウで、以下を実行します。

  1. Google Cloud CLI コンポーネントを更新します。

    gcloud components update
    
    apt または yum で Google Cloud CLI をインストールした場合は、これらのパッケージ マネージャーを使用してコンポーネントを更新します。
    sudo apt update && sudo apt upgrade google-cloud-sdk
    
    sudo yum upgrade google-cloud-sdk
    

  2. Google Cloud CLI の datalab コンポーネントをインストールします。

    gcloud components install datalab
    
    apt または yum で Google Cloud CLI をインストールした場合は、これらのパッケージ マネージャーを使用してコンポーネントを更新します。
    sudo apt update && sudo apt install google-cloud-sdk-datalab
    
    sudo yum install google-cloud-sdk-datalab
    

  3. Cloud Datalab インスタンスを作成します。インスタンスの名前は、先頭を小文字にし、その後に 62 文字以下の小文字、数字、ハイフンを続けます。末尾をハイフンにすることはできません。

    datalab create datalab-instance-name
    
    コマンドがエラーを返す場合は、datalab create --verbosity=debug datalab-instance-name のようにデバッグフラグを指定してコマンドを再実行し、問題の診断に役立てます。

  4. ブラウザに Cloud Datalab のホームページが開きます。

    http://localhost:8081
    
    ブラウザの Cloud Datalab ビュー。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Cloud Datalab VM インスタンスの作成時から削除時まで料金が発生します(Cloud Datalab の料金を参照)。また、ノートブックが保存されている永続ディスクの料金も請求されます。永続ディスクは、VM を削除した後もその永続ディスクを削除するまで維持されます。 次のコマンドを実行すると、VM インスタンスとその永続ディスクの両方が削除されます。
    datalab delete --delete-disk instance-name
    
  2. その他のクリーンアップ タスク。datalab create コマンドを実行すると追加のリソースが作成され、作成した他の Cloud Datalab インスタンスによって再利用されます。追加の Cloud Datalab インスタンスを必要としない場合は、次のコマンドを実行して、以下に示す追加のリソースを削除できます。

    • Cloud Datalab インスタンスへの SSH 接続を可能にする datalab-network-allow-ssh ファイアウォール ルールを削除します。
      gcloud compute firewall-rules delete datalab-network-allow-ssh
      
    • Datalab インスタンスがデフォルトで接続される datalab-network Virtual Private Cloud(VPC) ネットワークを削除します。
      gcloud compute networks delete datalab-network
      
      • ノートブックを保存するために設定されている datalab-notebooksCloud Source Repository を削除します(リポジトリを削除する前にノートブックをバックアップする場合は、ノートブックの操作をご覧ください)。
        gcloud source repos delete datalab-notebooks
        

次のステップ

  1. /datalab/docs/intro Cloud Datalab ノートブック フォルダを参照して、Cloud Datalab の機能をよく理解してください。Google Cloud Platform サービスの使用方法や一般的なデータ分析タスクの実行方法について、チュートリアルやサンプルがあります。
  2. Cloud Platform Console のログ エクスプローラdatalab サーバー VM ログを表示できます。
  3. Cloud Datalab 入門ガイドをお読みください。
  4. datalab コマンドライン ツールで使用できるオプションの詳細を確認するには、datalab --help を実行します。
  5. チーム環境で Datalab を使用する方法について学習します。