コマンドと共通オプション

このページでは、datalab コマンドライン ツールでサポートされているコマンドと、それらのコマンドすべてに共通するオプションについて説明します。

使用方法

datalab [-h] [--project PROJECT] [--zone ZONE] [--quiet]
        [--verbosity {debug,info,warning,error,critical,none}]
        {stop,create,list,connect,delete} ...

使用できるコマンド:

list

プロジェクト内の既存の Datalab インスタンスを一覧表示します。

create

新しい Datalab インスタンスを作成し、それに接続します。

connect

既存の Datalab インスタンスに接続します。

list

プロジェクト内の既存の Datalab インスタンスを一覧表示します。

stop

既存の Datalab インスタンスを停止します。

delete

既存の Datalab インスタンスを削除します。

共通のオプション

-h / --help

ヘルプ メッセージを表示して終了します。

--project PROJECT

この呼び出しに使用する Google Cloud Platform プロジェクト名。

省略すると、現在のプロジェクトが想定されます。

--zone ZONE

インスタンスを含むゾーン。指定しないと、ゾーンを選択するように求められる場合があります。

このフラグの省略時にプロンプトを表示しないようにするには、compute/zone プロパティを設定します。

$ gcloud config set compute/zone ZONE

次のコマンドを実行すると、ゾーンの一覧を取得できます。

$ gcloud compute zones list

プロパティを設定解除するには、次のコマンドを実行します。

$ gcloud config unset compute/zone

また、ゾーンを環境変数 CLOUDSDK_COMPUTE_ZONE に格納することもできます。

--quiet

インタラクティブなプロンプトを表示しません。

--verbosity {debug,info,warning,error,critical,none}

このコマンドのデフォルトの出力詳細をオーバーライドします。