BigQuery への移行の近道

データ ウェアハウス移行サービスを利用してモダナイゼーションを効率よく進め、専門家による設計についてのガイダンスとツール、パートナー ソリューション、資金サポートを受け取り、クラウドへの移行を促進してください。任意のクラウドまたはオンプレミスのデータ ウェアハウスから BigQuery へシームレスに移行し、価値送出までの時間を短縮できます。Google Cloud のサーバーレスでスケーラビリティと費用対効果が高いデータ ウェアハウスである BigQuery は、企業の分析戦略をモダナイズし、ビッグデータから十分な情報を得て意思決定を行い、ビジネス変革の容易な実現に貢献できるよう設計されています。


特典の内容:

対象となるお客様* には、Google Cloud エンジニアからアーキテクチャと設計に関するガイダンスが提供されます。さらに、モダナイゼーション プロセス促進のための専門のトレーニング、概念実証の資金、クレジットもご利用いただけます。例:

  • 計画を効率よく進める

    Google Cloud から専門家によるアドバイス、サンプル、概念実証の資金サポートが提供され、データ ウェアハウスの BigQuery への移行を効率的に進めます。Google Cloud プロフェッショナル サービスまたは Google Cloud データ分析スペシャライゼーション パートナーと協力して、概念実証を行います。

  • 特別なトレーニングを受ける

    Qwiklab、Coursera、Google が提供するクラスルーム コースによる無料のトレーニングを受け、BigQuery と関連する GCP サービスについて理解を深めます。

  • 専門家による設計に関するガイダンス

    Google Cloud エンジニアから、アーキテクチャと設計に関するガイダンスとカスタマイズされた詳細なワークショップが提供されます。費用はかかりません。

  • 信頼性の高い移行

    対象となるお客様は、移行と BigQuery の実装にかかるコストを削減できるパートナーまたはプロフェッショナル サービス資金サポートを受けられる場合もあります。

*利用規約

このサービスは、Google Cloud Platform 使用許諾契約を締結し、既存のデータ ウェアハウス ソリューションから完全に移行する、新規または既存のお客様のみが対象となります。

以下のフォームに記入し、条件を満たしているかどうか確認

必須
必須
必須
必須
必須
必須
お住まいの国を選択しなおしてください
送信

最新のデータ ウェアハウスとしての BigQuery のメリット

従来のデータ ウェアハウスを上回る BigQuery のメリット

BigQuery を選択する理由

AI の基盤

BigQuery ML を使用すると、データ ウェアハウス内で直接 ML モデルを構築、運用できます。Cloud Machine Learning Engine や TensorFlow と統合し、構造化データを基にした強力なモデルのトレーニングを実施します。

標準 SQL

BigQuery は ANSI:2011 に準拠した標準の SQL 言語をサポートしているため、コードを書き換えることなく、高度な SQL 機能を提供します。また、現行のアプリケーションとの互換性を確保するため、BigQuery には無料の ODBC ドライバと JDBC ドライバが組み込まれています。

フレキシブルな料金モデル

お客様に最適な料金モデルをお選びください。従量制の場合は、実際に使用したストレージやコンピューティングに対してのみ料金が発生します。大容量をご利用のお客様や企業のお客様は、定額料金をお選びになることで、クエリの費用を一定の月額料金でお支払いいただけます。

サーバーレス設計

サーバーレス データ ウェアハウジングにより、必要なリソースを必要なタイミングで提供できます。インフラストラクチャやシステム エンジニアリングのニーズのオーバーヘッドは発生しません。

リアルタイム分析

BigQuery の高速ストリーミング挿入 API は、リアルタイム分析の強力な基盤を提供します。

データ ウェアハウスのモダナイゼーション パートナー

Google の技術パートナーが提供するツールやサービスを使用して、データ ウェアハウスをモダナイズできます。 Google のシステム インテグレータからエンドツーエンドの移行サポートを受けることもできます。

データ ウェアハウス移行の技術パートナー

グローバル システム インテグレータ

地域システム インテグレータ

BigQuery パートナーの一覧はこちらでご確認ください。

リソース

BigQuery への移行については下記をご覧ください。