ラベル付けリクエストの送信

プロジェクトにデータセット、アノテーション仕様セット、指示を追加したら、ラベル付けタスクを開始する準備は完了です。

AI Platform Data Labeling Service では、画像、動画、テキストの 3 種類のデータのラベル付けがサポートされています。サポートされている形式の詳細については、ラベルの付いていないデータをステージングするをご覧ください。ラベル付け担当者が行う作業はデータの種類によって異なるため、ラベル付けリクエストの送信時に提供する情報もデータの種類によって異なります。

次のリストから、ラベル付けをリクエストするデータの種類を選択します。

ラベル付けリクエストは長時間実行オペレーションです。リクエストを送信するとオペレーション ID を含むレスポンスが返され、以降はその ID を使用してリクエストのステータスを確認できます。

次のコマンドに含まれる operation-name は、レスポンスで返されたオペレーションの完全な名前に置き換えます。完全な名前の形式は projects/{project-id}/locations/us-central1/operations/{operation-id} です。

curl \
  -X GET \
  -H "Authorization: Bearer $(gcloud auth application-default print-access-token)" \
  -H "Content-Type: application/json" \
  https://datalabeling.googleapis.com/v1beta1/operation-name

ラベル付けが完了すると、レスポンスに "done": true という値が含まれます。

{"response":
{"importCount": 3, "@type": "type.googleapis.com/google.cloud.data-labeling.v1alpha1.ImportDataOperationResponse", "dataset": "projects/google.com:labelingapitesting/datasets/5bae76a9_0000_22cf_a7d6_089e083237f4"},
"done": true,
"name": "projects/google.com:labelingapitesting/operations/5bae7811_0000_2eef_8327_94eb2c1eab5c",
"metadata": {"@type": "type.googleapis.com/google.cloud.data-labeling.v1alpha1.ImportDataOperationMetadata", "dataset": "projects/google.com:labelingapitesting/datasets/5bae76a9_0000_22cf_a7d6_089e083237f4"}
}