コンテナを実行するためのオプションの選択

マネージド Kubernetes、仮想マシン、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、サーバーレス

無料トライアル

コンテナを実行するためのオプションの選択

Google Cloud Platform では、コンテナを実行するためのさまざまなオプションを選択できます。Kubernetes Engine によるコンテナ クラスタ管理から、世界クラスの価格性能比を誇る Compute Engine 上のインフラストラクチャ、さらには App Engine フレキシブル環境を使用したフルマネージドのサービスとしてのプラットフォームや、Cloud Run を使用したフルマネージドのサーバーレス環境まで、Google Cloud Platform でコンテナを実行するための理想的なソリューションを見つけることができます。

解決策 ニーズ 特性
Kubernetes Engine

マネージド Kubernetes
  • 本番環境のコンテナ管理をスケーラブルで安全な方法で行う
  • マイクロ サービスに対応し、複数のコンテナを仮想マシンのプールで効率的に実行する
  • Kubernetes を実行しているハイブリッド クラウド環境でアプリケーションをデプロイする
  • クラスタ ソフトウェアやインフラストラクチャを管理せずに、速度を上げることに注目する
  • サービス正常性のモニタリング、ノード自動修復、自動スケーリング、自動アップグレード、ロールバックなど、コンテナのオーケストレーションを自動化する
  • 仮想マシンではなく、アプリのコンポーネントに注目する
  • ホストごとにコンテナの複数のグループ(ポッド)を実行し、リソースを効率的に活用する
  • 高可用性異種機クラスタとマルチゾーン クラスタを提供する
Compute Engine

VM 上のコンテナとマネージド インスタンス グループ上のコンテナ
  • Compute Engine VM にアプリケーションがデプロイされるように、CI/CD パイプラインを構成する
  • コンテナ化されたアプリケーションを既存の IaaS インフラストラクチャに統合する
  • オーケストレーション ツールにまだ習熟していない場合でも、コンテナを採用する。準備が整えば Kubernetes Engine に移行し、完全なオーケストレーションを行う
  • 仮想マシンごとに単一のコンテナを簡単にデプロイする
Cloud Run

フルマネージド型のサーバーレス環境上のコンテナ
  • フルマネージド型のサーバーレス環境において任意の言語、ライブラリ、バイナリで実行する
  • インフラストラクチャの管理ではなく、コーディングや開発の速度を上げることに集中できる
  • パブリック マイクロサービスまたはプライベート マイクロサービスを構築し実行する
  • 従量課金制: 使用した正確なリソース量に対してのみミリ秒単位で課金
  • 高速自動スケーリング: トラフィックに応じてゼロから N まで自動的にスケーリング
  • カスタム ドメイン: お客様独自のドメインにサービスをマッピング
  • Knative に基づくビルド: プラットフォーム間でワークロードを移植できる
App Engine フレキシブル環境

フルマネージド型の VM ベース PaaS 上のコンテナ
  • コードの作成に注目し、インフラストラクチャ制御に対するデベロッパーの速度に注目する
  • サーバー、クラスタ、またはインフラストラクチャを処理することなく、信頼性が高く、スケーラブルなサービング アプリケーションまたはコンポーネントを構築する
  • コンテナで App Engine アプリケーション用のカスタム ランタイムをデプロイする
  • 1 つのコンテナでアプリケーションを実行する、フルマネージド PaaS
  • 自動スケーリングと負荷分散を組み込むことで高可用性を自動的に確保
  • ゼロダウンタイム アップグレードによるアプリ バージョニング、トラフィック分割
  • マイクロサービス、承認、SQL および NoSQL データベース、ロギング、セキュリティ スキャン、コンテンツ配信ネットワークに対するネイティブ サポート