ジャンプ先

Confidential Computing

Confidential VMs と Confidential GKE Node で使用中のデータを暗号化
  • 使用中のデータを、処理中であっても暗号化できる画期的なテクノロジー

  • パフォーマンスを犠牲にしないシンプルで使いやすいデプロイメント

  • データの機密性を完全に保持しながら誰とでも共同作業

  • Confidential VMs の一般提供を開始

  • Confidential GKE Node はプレビュー版です

利点

画期的な機密性保持

Confidential VMs は、クラウド内の特に機密性の高いデータを、処理中であっても暗号化できる画期的なテクノロジーです。

誰でも簡単に使用可能

Google Cloud のアプローチにより、お客様はアプリケーションのコード変更を行わずに、パフォーマンスを犠牲にすることもなく、使用中のデータを暗号化できます。

新たな可能性を切り拓く

Confidential Computing により、これまでは不可能であったシナリオが可能になります。組織はデータの機密性を完全に保持しながら共同作業ができるようになります。

主な機能

主な機能

使用中にリアルタイムで暗号化

Google Cloud のお客様は、最新の CPU によって提供されるセキュリティ テクノロジー(第 2 世代 AMD EPYC™ CPU によってサポートされる Secure Encrypted Virtualization 拡張機能など)と Confidential Computing のクラウド サービスを組み合わせて利用することで、使用中のデータを暗号化できます。データは処理中でも暗号化されてプライバシーが確保されるため、安心してご利用いただけます。

機密性保持のリフト&シフト

Google の目標は、Confidential Computing を容易に導入できるプロダクトにすることです。Confidential VMs への移行はシームレスです。現在実行しているすべてのワークロードは、新しいものでも既存のものでも、Confidential VM として実行できます。Confidential VMs を使用するためにアプリケーションのコード変更を行う必要はありません。チェックボックス 1 つで簡単に設定できます。

イノベーションの強化

Confidential Computing により、これまでは不可能であったコンピューティング シナリオが可能になります。たとえば、地理的な隔たりを越えて、また競合他社との間でも、データの機密性を完全に保持しながらクラウドで共同研究を行えるようになります。

すべての機能を表示

ドキュメント

ドキュメント

Google Cloud の基礎
Confidential VMs と Compute Engine

エンドツーエンドの暗号化やコンピューティングの負荷が高いワークロードのサポート、さらにセキュリティとプライバシー機能など、Compute Engine の Confidential VMs に関する詳細をご覧ください。

クイックスタート
Confidential VM インスタンスを作成する

Google Cloud Console でデフォルト設定を使用して、新しい Confidential VM インスタンスの利用をすばやく開始します。

クイックスタート
Confidential VM を試す

インタラクティブなチュートリアルで Confidential VM インスタンスの作成方法を学びます。

チュートリアル
Cloud Monitoring を使用して Confidential VMs を検証する

Cloud Monitoring を使用して Confidential VMs の OS、整合性、VM の SEV のバージョンなどをモニタリング、検証する方法を説明します。

クイックスタート
Confidential GKE Node

Confidential GKE Node を使ってみる

チュートリアル
Dataproc Confidential Compute

Compute Engine Confidential VMs を使用する Dataproc クラスタを作成し、インライン メモリ暗号化を提供する方法について説明します。

Google Cloud の基礎
STET を使用したユビキタスなデータ暗号化

ユビキタスなデータ暗号化と Split-Trust 暗号化ツールを使用して、保存データ、使用中データ、転送中のデータを一元管理する方法について説明します。

API とライブラリ
API とリファレンス

Confidential VMs の API、リファレンス、その他のリソースを表示します。

すべての機能

すべての機能

使用中にリアルタイムで暗号化 Google Cloud のお客様は、最新の CPU によって提供されるセキュリティ テクノロジー(第 2 世代 AMD EPYC™ CPU によってサポートされる Secure Encrypted Virtualization など)と Confidential Computing のクラウド サービスを組み合わせて利用することで、使用中のデータを暗号化できます。データは処理中でも暗号化されてプライバシーが確保されるため、安心してご利用いただけます。
機密性保持のリフト&シフト Google の目標は、Confidential Computing を容易に導入できるプロダクトにすることです。Confidential VMs への移行はシームレスです。現在実行しているすべてのワークロードは、新しいものでも既存のものでも、Confidential VM として実行できます。Confidential VMs を使用するためにアプリケーションのコード変更を行う必要はありません。チェックボックス 1 つで簡単に設定できます。
高度な持続的攻撃の検出 Confidential Computing は、Shielded VM が提供する、ルートキットとブートキットに対する保護に基づいて構築されています。これにより、Confidential VM で実行するオペレーティング システムの整合性が確保されます。
イノベーションを可能に Confidential Computing により、これまでは不可能であったコンピューティング シナリオが可能になります。たとえば、データの機密性を完全に保持しながらクラウドで共同研究を行えるようになります
高パフォーマンス Confidential VMs は、標準の N2D VM と同等のパフォーマンスを提供します。技術ドキュメントとホワイトペーパーをご覧ください。

料金

料金

Confidential VMs の料金は、マシンタイプ、永続ディスク、仮想マシンとして選択した他のリソースの使用状況に基づきます。

パートナー