Windows Server VM の使用に関するクイックスタート

Google Cloud Console を使用して Windows Server 仮想マシン(VM)インスタンスを作成する方法について説明します。


このタスクを Cloud Console で直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


以降のセクションでは、[ガイドを表示] をクリックした場合と同じ手順について説明します。

料金

  • Windows Server イメージはプレミアム イメージであり、使用すると追加料金が発生します。

  • Windows Server VM は無料トライアルに含まれていません。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Compute Engine API を有効にします。

    Compute Engine API を有効にする

  5. ローカルマシンで Windows を使用していない場合は、FusionLabs の Chrome RDP など、サードパーティの RDP クライアントをインストールしておきます。

Windows Server VM インスタンスを作成する

  1. Cloud Console で、[VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] に移動

  2. [インスタンスを作成] をクリックします。
  3. [ブートディスク] の [変更] をクリックし、ブートディスクの構成を開始します。
  4. [Public images] タブで [Windows Server 2019 Datacenter] を選択します。

  5. [選択] をクリックします。
  6. [ファイアウォール] で [HTTP トラフィックを許可する] を選択します。
  7. [作成] をクリックしてインスタンスを作成します。
Windows Server インスタンスの作成

インスタンスが起動するまで、しばらくお待ちください。インスタンスの準備が整うと、[VM インスタンス] ページに緑色のステータス アイコン付きで表示されます。

VM インスタンスに接続する

  1. Google Cloud Console で、[VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] に移動

  2. [名前] 列で、仮想マシン インスタンスの名前をクリックします。

  3. [リモート アクセス] セクションで、[Windows パスワードを設定] をクリックします。

  4. ユーザー名を指定して [設定] をクリックし、その Windows Server インスタンスの新しいパスワードを生成します。インスタンスにログインできるように、ユーザー名とパスワードを保存しておきます。

  5. 選択したグラフィック ツールまたはコマンドライン ツールを使用してインスタンスに接続します。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console で、[VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] に移動

  2. 作成したインスタンスの名前をクリックします。

  3. インスタンスの詳細ページの上部にある [削除] をクリックします。

次のステップ