メソッド: users.importSshPublicKey

SSH 公開鍵を追加し、プロフィール情報を返します。デフォルトの POSIX アカウント情報は、ログイン プロフィールの一部としてユーザー名と UID が存在しない場合に設定されます。

HTTP リクエスト

POST https://oslogin.googleapis.com/v1alpha/{parent=users/*}:importSshPublicKey

この URL は Google API HTTP アノテーション構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
parent

string

ユーザーの一意の ID(形式 users/{user})。

クエリ パラメータ

パラメータ
projectId

string

Google Cloud Platform プロジェクトのプロジェクト ID。

リクエストの本文

リクエストの本文には SshPublicKey のインスタンスが含まれます。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文に次の構造のデータが組み込まれます。

SSH 公開鍵のインポートからのレスポンス メッセージ。

JSON 表現

{
  "loginProfile": {
    object(LoginProfile)
  }
}
フィールド
loginProfile

object(LoginProfile)

ユーザーのログイン プロフィール情報。

承認スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
  • https://www.googleapis.com/auth/compute

詳細については、認証の概要をご覧ください。

試してみましょう

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント