Linux VM への接続


このドキュメントでは、Google Cloud Console と gcloud コマンドライン ツールを使用して Linux 仮想マシン(VM)インスタンスに接続する方法について説明します。SSH 認証鍵の構成やストレージなど、Compute Engine での SSH 接続の動作については、Linux VM への SSH 接続をご覧ください。

PuTTY などのサードパーティ製ツールなど、Linux VM に接続するその他の方法については、高度な方法によるインスタンスへの接続をご覧ください。

始める前に

サポートされているオペレーティング システム

これらの接続方法は、Compute Engine で利用可能なすべての Linux オペレーティング システムでサポートされています。Fedora CoreOS の場合、これらの方法を使用する前に、SSH アクセスを設定する必要があります。

VM に接続する

Google Cloud Console または gcloud コマンドライン ツールを使用して Linux インスタンスに接続するには、以下のいずれかのタブの操作を行います。

Console

  1. Cloud Console で、[VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] に移動

  2. 仮想マシン インスタンスのリストで、接続するインスタンスの行にある [SSH] をクリックします。

    インスタンス名の横にある SSH ボタン。

gcloud

gcloud compute ssh コマンドを使用して、アクセス権限を持つインスタンスに接続します。

gcloud compute ssh --project=PROJECT_ID --zone=ZONE VM_NAME

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: インスタンスが含まれているプロジェクトの ID
  • ZONE: インスタンスが存在するゾーンの名前
  • VM_NAME: インスタンスの名前

gcloud コマンドライン ツールにデフォルトのプロパティを設定した場合は、このコマンドから --project フラグと --zone フラグを省略できます。例:

gcloud compute ssh VM_NAME

接続に成功したら、ターミナルを使用して Linux インスタンスでコマンドを実行します。終了したら、exit コマンドを使用してインスタンスから切断します。

トラブルシューティング

失敗した SSH 接続を診断し、解決するための方法については、SSH のトラブルシューティングをご覧ください。

次のステップ