Cloud Code

IntelliJ、VS Code やブラウザで、クラウドベースのアプリケーションを作成、デバッグ、デプロイするために必要なものがすべて揃っています。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Kubernetes と Cloud Run アプリケーションの統合サポート

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    お気に入りの IDE(IntelliJ、VS Code、Cloud Shell)で動作するように事前構成済み

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    ローカル開発ワークフローを再現し、クラウドベースの開発を容易に

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    ツールの作成、デプロイ、デバッグをすばやく行えるため、構成ではなくコードに集中できる

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    好みの言語で Google Cloud APIs を簡単に操作

主な機能

デベロッパーの生産性を最大化する Cloud Code ツール

Cloud Code for VS Code

Kubernetes アプリケーションの開発時に、構成ファイルではなくコーディングに集中できます。Visual Studio Code を簡単に拡張でき、Kubernetes と Cloud Run のビルド、実行、デバッグのサイクルが短縮されます。Google Cloud の構成ファイルをすばやく定義するテンプレートが使用できます。ローカルのクラスタまたは複数のクラウド プロバイダへのデプロイが可能です。単一のサービスからマルチサービスで複数の環境のアプリまでスケールできます。

使ってみる

Cloud Code for IntelliJ

IntelliJ 内で Google Cloud 構成ファイルを簡単に作成、更新、管理できます。ローカルマシンと開発環境の間で高速フィードバック ループを構築します。ローカルかクラウドかを問わず、最適な場所でコードを実行できます。Cloud Code は IntelliJ、PyCharm、GoLand、および WebStorm で動作するため、開発に使用している言語にかかわらず、使いたい JetBrains IDE を使い続けることができます。

使ってみる

Cloud Code for Cloud Shell Editor

Cloud Code for Cloud Shell Editor を使用すると、面倒なセットアップはおろか、ブラウザを離れることさえ不要になり、Cloud Code のメリットを最大限活用できます。内蔵された対話形式のチュートリアルを使用して、Cloud Code で Kubernetes や Cloud Run アプリケーションを開発する方法について説明します。このチュートリアルではアプリケーションを一から作成し、ビルド、デプロイ、ログの確認などの工程を順を追って確認できます。充実したオーサリング サポートで、Google Cloud 構成ファイルをブラウザから直接変更できます。

使ってみる

すべての機能を表示

最新情報

Cloud Code の最新情報を確認する

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、サービスの最新情報、イベント情報、スペシャル オファーなどを受け取ることができます。

ドキュメント

Cloud Code クイックスタート ガイドなど

クイックスタート
Cloud Code for VS Code のクイックスタート ガイド

Cloud Code のみ、または Cloud Code とリモート開発環境を使用して Kubernetes アプリを実行する方法や、Cloud Code を使用して Cloud Run サービスをデプロイする方法について説明します。

クイックスタート
Cloud Code for IntelliJ クイックスタート ガイド

Cloud Code を使用して Google Kubernetes Engine アプリケーションを作成、ローカルで開発、デバッグ、実行する方法、または Cloud Code を使用して Cloud Run アプリをデプロイする方法について説明します。

クイックスタート
Cloud Shell for Cloud Shell Editor クイックスタート ガイド

Cloud Code for Cloud Shell を使用して GKE アプリケーションを作成、ローカルで開発、デバッグ、実行する方法、または Cloud Code を使用して Cloud Run サービスをデプロイする方法について説明します。

ベスト プラクティス
Cloud Code を利用する IDE 向け Anthos ネイティブ デベロッパー エクスペリエンス

Cloud Code を活用して、主な Anthos サービスでデベロッパーとしての高い生産性を維持する方法を学びましょう。

すべての機能

Cloud Code の機能

Kubernetes 開発を高速化 IDE 内で完全に統合された Kubernetes 開発、デバッグ環境が手に入ります。IDE 内から直接クラスタを作成、管理できます。
Cloud Run サービスをデプロイする 何度かクリックするだけで、コードをビルドして Cloud Run または Cloud Run for Anthos にデプロイできます。
統合が容易な Google Cloud API 組み込みライブラリ マネージャーからプロジェクトの Google Cloud APIs を検索、追加、構成して、関連するドキュメントを簡単に閲覧できます。
Kubernetes 向けのローカル開発を簡単にする Cloud Code for IDE は Skaffold、Jib、kubectl など一般的なツールをバックグラウンドで使用してコードに対する継続的なフィードバックをリアルタイムで提供します。
本番環境デプロイメントへの拡張を容易にする 本番環境クラスタでの作業に関しては、Skaffold のプロファイル、Kustomize ベースの環境管理、Cloud Build の統合に対するサポートを行っております。
デプロイメントを把握する Kubernetes クラスタと Cloud Run サービスで使用する、基盤となるリソースとメタデータを確認します。これらのリソースの操作はクリックするだけの簡単なものです。リソースを操作することで説明文を取得する、ログを表示する、シークレットを管理する、ターミナルで直接 Pod に入るといったことが可能です。
実行中のアプリケーションをデバッグする Cloud Code for VS Code や Cloud Code for IntelliJ で IDE 内のコードをデバッグするには、組み込みの IDE デバッグ機能を利用します。
強力な IDE 機能にアクセスする Google Cloud の構成ファイルの操作時も、コード補完、インライン ドキュメント、lint チェック、スニペットなどの IDE 機能が、設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。
ブラウザからの開発 今お使いのブラウザですぐに Cloud Code の使用を開始します。Cloud Shell Editor を使用すると、Cloud Code for VS Code と同等の優れた機能を利用できます。しかも、設定は一切必要ありません。

料金

料金

Google Cloud のお客様は、Cloud Code を無料でご利用いただけます。