Kubernetes Explorer の使用

Kubernetes Explorer にアクセスする

Cloud Code ビューの左側の VS Code のアクティビティ バーからアクセスできる Kubernetes Explorer Kubernetes Explorer のアイコン を使用すると、Kubernetes リソースをより簡単に管理できます。

Kubernetes Explorer を使用すると、クラスタに関する情報へのアクセスアクティブ クラスタの設定Secret を環境変数として追加ログのストリーミングと表示、Secret のデコードなどを行うことができます。

VS Code でハイライト表示された Kubernetes Explorer のアイコン

基本操作

Kubernetes Explorer では kubectl が使用されています。Kubernetes クラスタにアクセスして、さまざまなコマンドを簡単に実行できます。Explorer では、Kubernetes リソースに次の機能を実行できます。

  • Copy Resource Name: リソース名をクリップボードにコピーします。
  • Describe: リソースに対して kubectl describe を実行します。
  • Delete: リソースを削除します。

    Kubernetes Explorer の基本機能

リソース固有の操作

クラスタ

  • アクティブ クラスタに設定: 指定したクラスタをアクティブにし、デフォルトのクラスタとして使用します。

Kubernetes Explorer でアクティブ クラスタを設定

  • ダッシュボードを開く: Kubernetes Dashboard を開き、指定したクラスタを表示します。

Kubernetes Dashboard でクラスタを表示

コンテキスト

  • アクティブ コンテキストに設定: 指定したコンテキストをアクティブにし、デフォルトのコンテキストとして使用します。

Kubernetes Explorer でアクティブなコンテキストを設定

デプロイ

  • Add Secret as Environment Variable: 既存の Kubernetes Secret を環境変数として Deployment に追加します。

    シークレットを環境変数として追加

  • Secret を Volume としてマウント: Deployment のコンテナ内に既存の Kubernetes Secret を Volume としてマウントします。

シークレットをボリュームとしてマウント

ポッド

  • ログのストリーミング: ポッドのログをストリーミングします。ポッドに複数のコンテナがある場合は、コンテナの 1 つを選択するように求められます。

ポッドのログをストリーミング

  • ログの表示: ポッドのログを表示します。ポッドに複数のコンテナがある場合は、コンテナの 1 つを選択するように求められます。

ポッドのログを表示

コンテナ

  • ログのストリーミング: コンテナのログをストリーミングします。

コンテナからのログをストリーミング

  • ログの表示: コンテナのログを表示します。

コンテナからのログを表示

  • ターミナルの取得: インタラクティブ ターミナルを開き、コンテナに接続します。

ターミナルを開いてコンテナに接続

サービス

  • 外部 IP オブジェクトの場合、[Open Address] ボタンをクリックすると、ウェブブラウザでアドレスが開きます。

    ブラウザで外部 IP アドレスを開く

Secret

  • シークレット オブジェクトをクリックすると、デコードされたシークレットがファイルとして表示されます。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。