Cloud Code for VS Code で Kubernetes クラスタを管理する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Code を使用すると、Google Kubernetes Engine(GKE)または minikube で Kubernetes クラスタを作成できます。 Docker Desktop を使用している場合は、ローカル クラスタでも作業できます。

GKE クラスタを作成して KubeConfig に追加する

クラスタを作成するには、次の手順を行います。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. [KubeConfig にクラスタを追加] をクリックします。
  3. [Google Kubernetes Engine] を選択し、[Yes] を選択して、プロジェクトの下でコンテナ GCP API を有効にします。
  4. [標準] または [Autopilot] を選択します。詳しくは、Autopilot と標準モードの比較をご覧ください。
  5. [開く] をクリックして、Cloud Code が Google Cloud コンソールを開くのを許可します。
  6. Google Cloud コンソールで、カスタマイズする構成オプションを選択して、[Create] をクリックします。
  7. クラスタが作成されたら、VS Code で Kubernetes クラスタビューを更新 [Refresh] をクリックします。
  8. 新しいクラスタの名前がリストに表示されたら、クラスタ名をクリックします。新しいクラスタが構成に追加され、デフォルトのコンテキストとして設定されます。

ヒント:コマンド パレットを使用して Kubernetes クラスタを作成するには、コマンド パレット(Ctrl/Cmd +Shift +Pを押下、または、表示 >コマンド パレットをクリック)を使用して、Cloud Code: GKE クラスタを作成するコマンドと一緒に実行します。

既存の GKE クラスタを操作する

既存の Standard クラスタまたは Autopilot GKE クラスタがある場合は、アクティブ クラスタとして設定し、Cloud Code を使用してクラスタを操作できます。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. [KubeConfig にクラスタを追加] をクリックします。
  3. [Google Kubernetes Engine] をクリックします。
  4. クラスタ名をクリックします。クラスタが KubeConfig に追加されます。

クラスタをデフォルトのコンテキストとして設定する

アクティブ クラスタは、アプリケーションがデフォルトでデプロイされる先のクラスタです。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. クラスタを右クリックし、[Set as Active Cluster] をクリックします。

KubeConfig からクラスタを削除する

KubeConfig からクラスタを削除すると、そのクラスタはデプロイできなくなります。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. クラスタを右クリックし、[クラスタの下のコンテキストを削除] をクリックします。

minikube クラスタを起動する

Cloud Code によって minikube が自動的にインストール、管理されます。依存関係の管理をオプトアウトした場合は、minikube バイナリを PATH に追加します。

  1. コマンド パレットを起動(Ctrl/Cmd + Shift + P を押下するか、[表示] > [コマンド パレット] をクリック)し、その後、Cloud Code: Control minikube コマンドを実行します。
  2. [管理する Minikube クラスタ(プロファイル)を選択する] オプションが入力されたら、[minikube] をクリックして、[開始] をクリックします。

minikube クラスタを一時停止または停止する

  1. コマンド パレットを起動(Ctrl/Cmd + Shift + P を押下するか、[表示] > [コマンド パレット] をクリック)し、その後、Cloud Code: Control minikube コマンドを実行します。
  2. 管理する Minikube クラスタ(プロファイル)を選択するオプションが入力されたら、minikube をクリックして [停止] または [一時停止] をクリックします。

コンテナにインタラクティブ ターミナルを開く

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. minikube クラスタを展開し、[Pod] を展開して [コンテナ] を展開します。
  3. コンテナを右クリックし、[Get Terminal] をクリックします。

外部 IP アドレスを開く

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. minikube クラスタを展開し、[サービス] を展開します。
  3. [外部 IP] を展開し、IP アドレスを右クリックして、[アドレスを開く] をクリックします。
  4. [開く] をクリックします。

別のクラウド プロバイダでクラスタを作成して追加する

オンプレミス クラスタ、または Azure や AWS などの他のプロバイダのクラスタを使用している場合は、プロバイダのツールを使用してクラスタを作成し、KubeConfig に追加します。

ローカル クラスタの操作

minikube に加えて、Docker デスクトップ(Mac 版または Windows 版)を使用している場合は Cloud Code を使用することもできます。

Cloud Code をローカル クラスタと連携させるには、デフォルト構成(~/.kube/config など)にローカル クラスタが含まれていることを確認します。このクラスタは現在のコンテキストとして設定する必要があります。

たとえば、Docker デスクトップでローカル クラスタの docker-for-desktop を使用していた場合は、次のコマンドで優先クラスタを設定します。

kubectl config use-context docker-for-desktop

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。