Kubernetes クラスタの追加

Cloud Code を使用して、GKE、minikube、AWS、Azure で Kubernetes クラスタを作成できます。また、Docker Desktop を使用している場合は、ローカル クラスタで作業できます。

GKE で Kubernetes クラスタを作成する

GKE Explorer を使用すると、クラスタを簡単に作成できます。

  1. Google Kubernetes Engine Explorer パネルのヘッダーで、プラスアイコン GKE クラスタの作成アイコン(マウスオーバーでのみ表示)をクリックして Create Cluster ウィザードを起動します。
  2. 次に、プロジェクト ID を選択するか、デフォルトの ID を使用します。さらに、ゾーン / リージョン、希望する構成(クラスタ名、ノード数、マシンタイプ)を選択します。
  3. [クラスタを作成] をクリックします。

クラスタ作成ウィザードで GKE クラスタを作成

ヒント: または、コマンド パレット(管理アイコン(歯車) > コマンド パレット)を使用して Kubernetes クラスタを作成することもできます。コマンド パレットを起動し、[Cloud Code: Create GKE cluster] コマンドを選択して Create Cluster ウィザードを開きます。

minikube で Kubernetes クラスタを作成する

minikube ステータスバー(Cloud Code のステータスバーに隣接するステータスバーに配置)を使用すると、minikube クラスタを起動、停止、一時停止、表示できます。

クラスタが実行中ではないことを示す minikube ステータスバー

クラスタを起動するには minikube ステータスバーをクリックし、[開始] を選択します。

minikube クラスタを起動する

実行中のクラスタを一時停止または停止するには、minikube ステータスバーをクリックし、希望するアクションを選択します。

minikube クラスタを停止する

AWS クラスタ スタックを作成する

AWS クラスタ スタックを作成するには、AWS EKS Cluster Explorer を使用します。[More actions ...] の 3 点アイコンをクリックし、[Create new AWS EKS Cluster Stack] を選択して Create Cluster ウィザードを起動します。

クラスタ スタックを作成するには、AWS CLI がインストールされ、構成されている必要があることにご注意ください(これを行うには「aws configure」を実行します)。

設定が完了したら、構成設定(クラスタ名、マシンタイプ、リージョン、マシン数、SSH キーパス)を選択して [Create Cluster] をクリックします。クラスタ スタックの作成には 20 分ほどかかります。

クラスタ作成ウィザードで AWS クラスタ スタックを作成

ヒント: GKE クラスタの作成と同様に、コマンド パレット(管理アイコン(歯車) > コマンド パレット)を使用して AWS EKS クラスタ スタックを作成することもできます。コマンド パレットを起動し、[Cloud Code: Create AWS EKS Cluster Stack] コマンドを選択して Create Cluster ウィザードを開きます。

Azure クラスタを作成する

AKS クラスタを作成するには、Azure Kubernetes Explorer を使用します。[More actions ...] の 3 点アイコンをクリックし、[Create Azure Kubernetes cluster] を選択して Create Cluster ウィザードを起動します。

Azure CLI がすでにインストールされ、PATH にインストールされている必要があることにご注意ください。Azure クラスタを作成するには、(az login を実行して)ログインする必要があります。

設定が完了したら、構成設定(リソース グループ、場所、クラスタ名、マシン数、マシンタイプ)を選択して [Create Cluster] をクリックします。

ヒント: コマンド パレット(管理アイコン(歯車) > コマンド パレット)を使用して Azure Kubernetes クラスタを作成することもできます。コマンド パレットを起動し、[Cloud Code: Create Azure Kubernetes cluster] コマンドを選択して Create Cluster ウィザードを開きます。

ローカル クラスタの操作

minikube に加えて、Docker Desktop(Mac 版または Windows 版)を使用している場合は、Cloud Code を使用することもできます。

Cloud Code をローカル クラスタと連携させるために必要な追加の設定は、デフォルト構成(~/.kube/config など)にローカル クラスタが含まれていることの確認だけです。このクラスタは現在のコンテキストとして設定する必要があります。

たとえば、Docker デスクトップでローカル クラスタの docker-for-desktop を使用していた場合は、次のコマンドで優先クラスタを設定します。

kubectl config use-context docker-for-desktop

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。