サービスをローカルで開発する

Cloud Code を使用すると、Cloud Run に似た環境で Cloud Run サービスをローカルで開発できます。Cloud Code はソース内の変更を監視し、変更があればそれを反映するために、すぐに実行中のサービスを更新します。

実行構成の定義

サービスを実行する前に、実行構成を作成する必要があります。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configurations] セレクタに移動して、[構成を編集] をクリックします。
  2. [Cloud Code: Cloud Run] で [Cloud Run: Run Locally] を選択します。
  3. ビルダーのオプションとそれに関連する設定を指定します。

    Cloud Code は、Docker、Jib、Buildpacks のアーティファクト タイプをサポートしています。

  4. [OK] をクリックします。

    Cloud Run: Run Locally 構成ウィンドウ

オプション: 構成のカスタマイズ

ローカルで開発する場合は、Cloud Run(フルマネージド)を使用すると、サービス アカウント、環境変数、SQL 接続などの追加設定を指定できます。[Edit Configurations] を選択する場合は、[Advanced revision settings] セクションを使用します。

環境変数

次の環境変数が実行中のコンテナに自動的に追加されます。

名前 説明
PORT HTTP サーバーでリッスンする必要があるポート。 8080
K_SERVICE 実行されている Cloud Run サービスの名前。 hello-world
K_REVISION 実行されている Cloud Run リビジョンの名前。 hello-world.1
K_CONFIGURATION リビジョンを作成した Cloud Run 構成の名前。 hello-world

シークレットの保管

API キー、パスワード、証明書などの潜在的なセンシティブ データがコードに含まれている場合は、シークレットとして保管することをおすすめします。Cloud Code を使用すると、シークレットをシークレット マネージャーに安全に保管し、必要に応じてプログラムで取得できます。Cloud Code でシークレットを作成および管理する方法の詳細については、シークレット マネージャー ガイドをご覧ください。

サービスの実行

サービスを実行するには、次の手順に沿って操作します。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configuration] セレクタから [Cloud Run: Run Locally] 実行ターゲットを選択します。
  2. [Cloud Run: Run Locally] アクションの実行アイコン をクリックします。
  3. 実行中のサービスからのログを出力ウィンドウに直接ストリーミングして表示します。
  4. デプロイが完了したら、[Event Log] パネルに表示された URL を使用して、実行中のサービスを表示できます。次の例ではその URL は http://localhost:8080 です。

    デプロイの正常終了の通知とサービス プレビューの URL を含むイベントログ

サポートの利用

IntelliJ IDE でフィードバックを送信するか、問題を報告するには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [Submit feedback or report an issue] を選択します。ここから、GitHub で問題を報告したり、Stack Overflow で質問したりできます。

また、Google Cloud Slack コミュニティの 1 つである、#cloud-code チャンネルにも参加できます。